角テールカルマン Fr周りの鈑金!

6日の作業は、角テールカルマンの続きです。

今回は、Frエプロンパネル周辺の作業をします。

先ずは状態確認をし、オーナー様に用意して頂いたエプロンパネルを当てて、切り接ぎ位置を確定し、熔接白を残して切り取ります。

エプロンパネルにリブ加工をして、熔接の下準備を済ませた後ロッキングプライヤで位置決め固定し、半自動熔接機で仮止めします。

エプロンパネルの仮熔接の後は、バンパーステー穴周辺の補修をします。今回は、ボディーパネルと同じ厚みの端材から材料を切り出し、穴加工します。

エプロンパネル同様、リブ加工をして熔接下準備をして半自動熔接機で仮止めしました。

ここまでで、6日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA