’56 カルマン Rr周り鈑金!

10日の作業は、’56 カルマンの作業をしました。

前日研ぎ上げたRr周りのサフェ吹きの準備をします。

一晩置いてしまったので、念の為スコッチブライトで一通り足付けをしてからしっかりエアーブローをします。

そして、仕上げのサフェ吹きをした右側フェンダーと、

左側フェンダー周辺です。

続いて、エンジンフードの鈑金をします。このエンジンフードは左角のサビ腐食で複数の穴が空いてしまっているので、大きめにカットしボンデ鋼板でパネルを作りました。

パネルの形成が済んだ後は、インナーパネル裏面にPOR-15を塗り込み、製作したパネルを位置決め固定し仮熔接します。

仮熔接の後は、折り返しの耳をハンマーリングで折り曲げラインを整えます。

ここまでで、10日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA