スポット熔接機 修理!

先日、修理途中で断念し、皆様にアドバイスを頂き修理に踏み切れる事になりました!

丸端子の方は電気設備屋さんに用意して頂き、アタッチメント側の方は、友人から電話を頂き、同機種のスポット熔接機を持っていて『使用予定が無いダメだったらこっちのを使えば良いよ!』と言って頂いたので、ダメ元でバラす事にしました。

先ずは、電線をサンダーで切り落とし、ドリルなどで導線を揉み取って見ましたが、相手が銅なので切りに絡んで中々揉み取る事が出来ませんでした(^_^;)

結局、カシメ部を切開してからマイナスドライバーなどでほじくり出しました!

反対側は最初から切開して導線を引き抜きました!

そして、ハンマーリングをして変形した部分を整えてから、ハンダで結合しました。

本体側は、圧着丸端子を取り付けボルト止めして完成ですヾ(^v^)k

今回は、500mm程キャプタイヤを延長したので、スイッチ用の配線も延長しなくてはいけません(^_^;)それはまた明日と言う事で、26日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA