追突事故修理!

13日の作業は、先日お預かりした’66 T-2 13Wの追突事故の修理を開始しました!

パッと見は大した事が無い様に見えます。

Rrバンパー、右リヤコーナーパネル、エンジンリッド、エンジンリッドヒンジブラケット部、そしてバッテリーパンとRrホイールハウスまで損傷しています(~_~;)

損傷部のチェックをし、作業を開始します!先ず、バンパーいきなり外さずにレバーブロックで引っ張りながら、ブラケットとホイールハウス、バッテリーパンを軽く引き出し補正してからバンパーを外します。

次に、コーナーパネルの粗出しをし、パテ割れした部分を剥離します。

剥離すると、以前の鈑金補修跡の熔接忘れ?の部分や先端にビスを付けたスライディングハンマーで粗出しした後が出て来ました(^_^;)

そのままと言う訳には行かないので、半自動熔接機で熔接穴埋めをします。

そして熔接跡を削り均し面を均した後、ロロックディスクでサビ処理をしました。

続いて、足付け処理をした後アルミパテを塗り付け、粗研ぎをします。合わせてヒンジブラケットの塗装割れした部分も処理しました。

最後にポリパテを塗り付けて、13日の作業は終了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA