エンジン掛からずでドハマリ(~_~;)

20日は、前日修理引き取りに行って来た、’77 T-1インジェクションの修理でドハマリしてしまいました(~_~;)

前日、鈑金屋の在庫車から移植したデスビと交換し、エンジンが掛かったので自走で引き上げて来た’77 T-1 インジェクションの修理を開始する為に、自走で作業場内を移動し、デスビのポイントレス化の為、デスビを外しました。

PERTRONIX社製イグナイターKitを組み込み、点火時期を調整し終了の筈が…(~_~;)

ここからドツボにはまり、鈑金屋在庫のデスビに換えてもエンジン掛からず(T-T)

プラグコードの差し間違え?と思い、ヘッドカバーを外しバルブの開閉を見ながら天下一の確認をしても間違いないし(~_~;)

あきらめて、ローギヤに入れてセルで作業場内を移動中にダメ元でアクセルペダルを煽るとエンジンがブスブスと掛かりそうなので、ギアをニュートラルにしセルを回すとエンジンが掛かってしまいました( ̄。 ̄;)

その後、鈑金屋周辺を試運転し、もう一度点火時期をチェックした後、何度エンジンを止めてセルを回しても何事もなかった様にエンジンが掛かる様になってしまいました(^_^;)

仕方がないので、オーナー様に正直に話し、一旦納車し様子を見てもらう事になりました。

しかし、原因は何だったんでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA