’61 T-2 Westy 鈑金修理!

4日は、’61 T-2 Westyの鈑金作業をしました。

今回は、ロッカーパネルの熔接をして行きます。

先ずは、ロッカーアウターパネルのスポット熔接部のサビ止めペイントを剥がし、ウエルドコーティングを吹き付けます。

ボディー側の熔接部も地金を出した後、ウエルドコーティングを吹き付けます。

仮組位置調整をし、ロッキングプライヤーで固定します。

写真は飛びますが、先ずは上面から半自動溶接機で点付けをします。

次に、前後の切り継ぎ部を半自動溶接機で本熔接をしました。

最後に、底辺をスポット熔接をして、4日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA