’61 T-2 Westy 緊急修理!

11日の作業は、先日鈑金修理をした’61 T-2 Westyの緊急修理をする事に成ってしまいました( ̄▽ ̄;)

先日納車の帰り道で、何度かシフトチェンジし難かった時があるり、お盆中に出かけるのに不安なので、修理をする事に成りました!

朝一で来社頂き早々にリフトで上げてチェックすると、Fr側のミッションマウントが剥離しかけていました!と言う事で、ミッションマウントの交換をする事に成り、エンジンをサクッと降ろしました。リフトで上げて下回りのチェックをしている間に、ポタポタとオイルが垂れていたので、何となく想像はしていたのですが、エンジンがオイルと埃でベタベタに成っていました。

オーナー様も大分前から気にはしていた様ですが、ここ最近走る度にオイルを足しているとの事だったので、ミッションマウント交換は後にして、オイル漏れの原因を探ることに!ファンハウジングを外すとかなりオイルが飛散しています(-_-;)大体は、オイルクーラー周辺がオイルでギトギトと言うパターンなのですが、今回は、エンジン右側の方がオイルでギトギトで、オイルくらー側の左側は、それ程でも在りません。

カバー類を外しシリンダーを見てみると、やはりオイルクーラー側はそれほど汚れていないのに、1、2番シリンダーは、オイルと埃でベトベトです。取り敢えず、温水高圧洗浄機でオイル汚れをキレイに落とす事にしました。

そして、エンジンをキレイにした後、オーナー様と一緒に検証した結果、何となく原因を見付ける事が出来ましたが、お客様のお盆中の予定でバスを使用したいとの事と、その使用中にオイル漏れ部の確信を掴みたいとの事で、そのまま組み付ける事に成りました!

エンジンのオイル漏れ探しにすっかり時間を取られ、慌てて本題のミッションマウント交換に移りましたが、慌てていたせいですっかり写真を撮り忘れてしまいました(-_-;)

在庫のH/Dタイプのミッションマウントに交換し、夕方7時過ぎに無事作業も終わり、念のためにオイル交換をして、お盆休み中の移動に利用してもらい、オイルの漏れ具合をチェックしてもらう事を念押しして、帰宅して頂きました。

その後9時まで作業場で緊急連絡を待ってみましたが、連絡が無かったので無事帰宅した事と勝手に解釈し鈑金屋も帰宅する事にします!

出先でストップする様な事が有れば、何時でもレスキューに参りますので、安心してお出掛け下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA