’53 Oval 鈑金修理!

31日の鈑金屋は、’53 Ovalの作業をしました。

前回の続きで、右Frフェンダーの鈑金をしました。

前回、ウインカーの取付穴は熔接済みですが、その他のRrカット部や裾の亀裂部を熔接補修しました。

熔接の後、熔接跡を削り均します。

熔接跡を削り均した後に、軽くハンマーリングを加え、カサカサのサビ止めペイントを剥離しました。

思った以上に、ハンマーリング跡やサンディングの跡が有るのでチョコッと丁寧にハンマーリングをし直してから、ロロックディスクで最終のサビ処理をしました。

サビ処理の後は、ボディーに仮組をし足付け処理をしました。

そしてアルミパテを塗り付けたところで、大分日が傾いて来たので、31日の作業は終了としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA