ブラジルビートル 解体!

11日の午後からは、’56カルマン オーナーさんが来社し、ブラジルビートルの解体作業をしてくれました。

先ずは、ボディーに残る数少ないパーツを外してもらい、コンテナ内に片付けてもらいました。

そして、鈑金屋がYくんとM夫妻の作業を見ている間に、ここまで解体が進んでいました(^^;;

ここまでで、11日の解体作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA