’60 T-2 11W 左サイド鈑金!

3日も’60 T-2 11Wの作業です。

前日の続きで、左Frドアの研ぎをしました。

先ずは、ポリパテの1回目の研ぎをして、もう一度ポリパテを塗り付け硬化乾燥を確認してポリパテを研ぎ上げました。研ぎ上がりの写真を撮り忘れました^^;

次に、裏返しをして歪みの出ている部分をハンマーリングを入れ補正しました。

ウィンドー冊子の座面の錆処理をした後、裏面全体に研ぎを入れます。

続いて、エアーブローをしっかりした後、裏面からサフェを吹き付けました。

サフェの硬化乾燥待ちの間に折れたドアロックを熔接補修をし、ペイントまで済ませます。

そして、裏面に吹き付けたサフェの効果乾燥を確認し、表返しをしてサフェを吹き付けました。

ドア表面のサフェの硬化乾燥後、ボディーに仮組みして各部の確認をしたのですが、フェンダーとの建て付けがイマイチなので、ヘンダー側で修正する事にし、アルミパテを塗り付けました。

ここまでで、3日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA