カーキチ父の’65 T-3 SQB!

2日は、久々にカーキチ父が来社し’65 T-3 SQBの作業をしました。

ゴールデンウィーク以来の作業になりますが、右Frフェンダーの鈑金作業から再開です!

剥離したままの状態なので、ハンマーリングで面を均した後、ロロックディスクでサビ処理をしたのですが、やはり大きなサビ穴が空きました。

サビ穴は、POR-15とガラスマットをベースにしてアルミパテで塞いだ後、フェンダーをボディーに仮組みして再度ハンマーリングを加え面出しをしてアルミパテ用の足付けをしました。

次に、アルミパテを塗り付けました。

時間の都合で、仮サフェを吹き付けました。

そして、仮サフェの硬化乾燥を確認し、ボディーに仮組みして、2日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA