’77 T-1 1303conv!

ゴールデンウィーク突入直前に茨城県石岡市のGET・OVERさんよりウェットブラスト終了の連絡を頂き引き取って来た’77 T-1 1303convのサビ止め処理を開始!

このままサフェを吹き付ける訳には行かないので、表面処理をして行きます。

先ずは、左右FrクォーターからインナーフェンダーとFrエプロンをロロックディスクで処理をしてからオービタルサンダーで面を整えサフェを吹き付けました。

次に、Frウィンドーフレーム周辺の処理をしました。

続いて、左右Aピラーとウィンドーフレームインナーの処理をしました。

そして、サビ止めサフェを吹き付けました。

日は変わり、左右Rrクォーターパネルと左右ヒーターチャンネルの表面処理をしました。

続いてRrエプロンとエンジンルーム内の表面処理をしました。

そして、サフェを吹き付けサビ止め作業終了です。

ボディーのサビ止め処理の後はシャーシの下準備として、温水高圧洗浄機で泥や油汚れを洗浄しました。

ここでベース車両と部品取り車の入れ替え!ややこしいですが今までのベース車両が部品取り車と変更になりますので、先ほどサビ止めの終わったボディーにフェンダーとFrフードを仮組して、パネルの切り出し準備をしました。

そして、左ハンドル改の為のダッシュ回りの切り取りを開始!

必要部分の周りグルッと一周切り込みを入れた筈なんですが、外れる感じがしません(;^_^A

今回はここまで、次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA