’77 T-1 1303conv!

前回のお知らせで、無事摘出で来たダッシュ回りのパネルの下準備をしました。

今回は、ダッシュパネルの必要部分を傷めずに不要部分の除去をしました。

先ずは、スポット熔接部をドリルで揉んでタガネを入れて剥がして行きます。

続いて、メンバーも兼ねている部分なので『熔接部をドリルで揉んで!』と言う訳には行かず殆どの部分をディスクサンダーとベルトサンダーで削り落としました。

最後に窓枠部の不要部分を慎重に削り落としました。

これでダッシュパネル部分の準備が終了です。

続いて、ブレーキマスターシリンダー取り付けブラケット周辺をメンバーごと切り取り、こちらも不要部分を削り落としました。

これで、部品取り車より部品の摘出作業は終了かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA