’77 T-1 1303conv!

Rrエプロンが入庫待ちの間に、左右Rrクォーターの鈑金をしました。

先ずは、右Rrクォーターパネルから作業します。

大きな凹みは無いのですが、サビの巣穴が複数有ったのでハンダで埋めパテ処理をしました。

左Rrクォーターパネルは仮サフェを研ぎ上げ左右併せてサフェを吹き付けました。

続いて、左右Rrフェンダーですが、メキビー純正の中古良品を用意し研ぎ上げました。

そして研ぎ上げたRrフェンダーの裏表両面にサフェを吹き付け、Rrフェンダーは終了!

次にRrエプロンが入庫したので左右Rrフェンダーを仮組しRrエプロンの位置確認をし熔接準備をしました。

Rrエプロンの熔接後の写真を撮り忘れてしまいましたが熔接跡を削り均した後、エンジンリッドシールをメキシコビートルタイプの物に変更となったので、シールチャンネルを削り取り熔接跡を削り均ししました。

続いてRrエプロンをパテで面を整えサフェ吹き付けた後、左右Rrフェンダーとエンジンリッドを仮組し各部の確認をしました。

各部の確認をした後、エンジンリッドがウェットブラストにサビ止めのサフェの吹き付けのみだったので面を整えサフェを吹き付けました。

これでRrセクションの鈑金作業は終了です。次回からは車両の向きを変えてAピラーから前側の鈑金作業をして行きます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA