メキビー 事故車両 鈑金修理!

23日の鈑金屋は、午前中に入庫したメキビーの事故車両の作業をしました。

ガードレールに接触して、左側面を前から後ろまで損傷してしまった様です(>_<)

先ずは、損傷部分の確認から!ドアとクォーターパネルは鈑金修理を。そして前後フェンダーは交換修理する事に成りました。

前後バンパーとフェンダーを外し、Rrフェンダーは朝一でマイボウズさんに別件で急ぎの部品を取りに行った序でに頂いて来た純正フェンダーへの交換!

Frフェンダーはマイボウズさんのも在庫が無かったので、中古良品の入庫待ちと成りました。

左ドアは、レバーブロックでアウターハンドルを引きながらハンマーリングを加え面を均し、クォーターパネルは簡単なハンマーリングで整えました。

ここまでで、23日の作業は終了です。

ビッグテール T-3 NB!

23日はメカニック育成ヒロシの本業が連休と言う事で、ビッグテール T-3 NBの作業をしてくれました。

前日、息を吹き返さなかったエンジンですが、根気強く各部の再確認をしてくれました!

結局一日掛の作業に成ってしまいましたが、燃料ポンプ内の洗浄をし直して十分な吐出量の確認をした後、インジェクターノズルの再清掃後、組み付けし直して、無事息を吹き返しました\(^o^)/

 

しかし、2番シリンダーのインジェクターから燃料漏れが…

ここまでで、23日のメカニック育成ヒロシの作業は終了です。

’72 T-1 1302 解体!

23日は、メカニック研修生が’72 T-1 1302の解体作業をしてくれました。

前回の続きで、ガソリンタンクを外してからウィンドーガラスを外してもらいました。

外せる物は全て外して貰った筈なので、各ピラー部をカットして屋根部を切り取りました。

続いて、切り取ったルーフパネルを処分し易い様に更に細かくカットしてもらい、鉄くず置き場に移動してもらい、23日のメカニック研修生の作業は終了です。

ビッグテール T-3 NB!

22日のメカニック育成ヒロシには、’73 T-3 NBの作業をしてもらいました。

 

今日こそは、エンジンに火を入れたいと作業を開始しました!

先ずは、選手のおさらいをしましたが、やはり火が入らず…(~_~;)

エアークリーナーを外してパーツクリーナーを吹き込みながらセルを回すと火が入るので点火系は良しとし、インジェクション系の補機類を一つ一つチェックしてもらいました。

各パーツの確認クリーニングをしながら組み付け直し、セルを回すと…

初爆はするものの、アイドリングしません…(>_<)

いろいろ調べた結果、前回クリーニングしてOK思っていたフューエルポンプがダメのようです…( ̄▽ ̄;)

ここまでで時間切れと成り、’73 T-3 NBの作業は終了です。

 

 

’74 ブラジル シングルピック!

22日の作業は、’74 ブラジル シングルピックの作業をしました。

前回の続きで、Bピラー周辺の作業をしました。

写真は飛びますが、右ドアを仮組して建て付け確認をし、何とか成りそうなのでBピラー インナーパネルの熔接位置の確認をし、切り出し削り合わせをしてようせつをした後、アウターとインナーフェンだ側のパネルを位置決め確認をしました。

アウターパネルの熔接下準備が整ったら、要所にPOR-15を塗り込みました。

そして、各部の調整をして熔接をしました。

ここまでで、22日の’74 ブラジル シングルピックの作業は終了です。

 

M夫婦の’60 T-2 11W!

21日の作業は、M夫婦の’60 T-2 11Wの作業をしました。

前回の続きで、Frパネルの作業をしました。

前回までで、Frパネルに面だしはOKを頂いているので、パテ作業に移ります。

その前に、外したヘッドライトバケットを戻して熔接しました。

次に、小さな穴をハンダで埋めました。

続いて、足付けをして1回目のアルミパテの塗り付け粗研ぎをしました。

そして、2回目のアルミパテを研ぎ、3回目のアルミパテは、要所のみに塗り付け研ぎ上げました。

アルミパテが研ぎ上がったので、ポリパテの作業に移り、1回目のポリパテで研ぎ上がったので、しっかりエアーブローをした後、要所にPOR-15を塗り込みました。

POR-15の指蝕乾燥待ちの間にマスキングをし直しました。

指蝕乾燥を確認し、サフェをタップリ吹き付け、21日の作業は終了です。

’57 T-2 パネルVAN!

20日の作業は、’57 T-2 パネルVANです!

前回の続きで、Bピラーの作業をしました。

先ずは、熔接跡の削り均しの続きをし、要所にPOR-15を塗り込みました。

次に、Bピラー アウターとインナーフェンダー側のパネルをスポット熔接機で熔接し、ボディーへの熔接準備をしました。

熔接準備をしたら、Bピラーの位置決めをして熔接しました。

続いて、熔接跡の削り均しをしました。

そして、サイドカーゴドアを仮組し、各部の確認をした所で時間切れと成り、20日の作業は終了です。

’74 ブラジル シングルピック!

19日の作業は、’74 ブラジル シングルピックです!

前日の続きで、右サイドの鈑金作業をします。

先ずは、前日熔接した部分の削り均しから始めました。

お次は、右RrフェンダーFr側のアウターパネルを切り出し、熔接位置の削り合わせをした後、ロッカーアウターパネルとサイドカーゴドアの仮組をしました。

続いて、右Bピラーのインナーパネルの熔接位置を決めて、切り出し削り合わせをし、合わせてアウターパネルとインナーフェンダー側のパネルを仮組固定しました。

そして、サイドカーゴドアの建て付けを確認し、18日の作業は終了です。

 

’57 T-2 パネルVAN!

18日の午後からは、ニュービートルのペイントが上がって来たので納車準備をし、3時休憩の後に’57 T-2 パネルVANの作業をしました。

前回の続きで、右Bピラーの続きをしました。

写真は飛びますが、Bピラー インナーパネルの熔接位置の確認後、切り取り削り合わせをして熔接しました。

そして熔接後の削り均し途中で時間切れと成り、18日の作業は終了です。

’74 ブラジル シングルピック!

18日の午前中の作業は、’74 ブラジル シングルピックの作業からです。

今回は、右ロッカーインナーパネル 熔接の続きからです。

来客や電話対応が有り、熔接作業になかなか集中出来ませんでしたが、ロッカーインナーパネル上部の熔接と周辺の千切れた跡の補修をしました。

ここまでで、18日の’74 ブラジル シングルピックの作業は終了です。