西会津 にぎわいまつり 参加準備!

23、24日の鈑金屋は、カーキチ親子の’72 T-1 の作業を見ながら、’74 T-1 茨ナンバーの作業をしました。

車検整備も大体に成ったので、室内を展示即売会向けに仕様変更したいと思います!

現在は、Frシートがスキャットシートで、Rr純正ですがビニールレザーがボロボロ、ドアパネルはメキビー用の黒と色もデザインもバラバラなので、内装の変更をします。

そして、左が外したスキャットシート、中央が同年代の純正シートですが、シートパットもクタクタで布張りカバーがカビだらけ(-_-;)

そして、今回は、見た目と西会津までのドライブする事を考慮し、メキビーのシートをセットする事にしました!

メキビーのシートと言えどもシミ汚れが結構ひどいので、クリーニングをしてから組付けたいと思います。

以前、積載トラックのクリーニングでも大活躍してくれた、ケルヒャーのスチームクリーナーを使用し、洗剤を吹き付けた後軽くブラッシングした後、スチームクリーナーを掛けます!

前後シートのクリーニング前と後の比較写真です!思った以上にきれいに成りました\(^o^)/

そして、クリーニングしたシートを組付け、ドアパネルもメキビー用で合わせて組み換えしました。

これは、あくまで暫定的なものなので、要望があればシート形状の選択、シートカバー、ドアパネルの新品張替えなども致しますのでご検討ください!

ここまでで、23、24っ顔鈑金屋の作業は終了です。

カーキチ佑さんの’72 T-1

23、24日はカーキチ親子が来社し、’72 T-1 の作業をしました!

先ずは、車両をリフトスペースに移動し、作業準備をします。

先週の続きで、カーキチ父にはフューエルポンプとキャブを外してもらいます。

佑さんには、フューエルタンクの取り付けをもらった後、センディングユニットの確認をしてまらいましたが、残念ながら抵抗部と接点がさび過ぎていて、再生を断念せざる負えない様です(-_-;)

そして鈑金屋が、フューエルポンプをバラしてポンプ内で水飴状でベタベタに成っているガソリンをクリーニングし再生しました(^-^;

合わせてキャブも、ポンプ同様ベタベタなのでバラしてクリーニングしました。

そして、クリーニングしたフューエルポンプとキャブを組付け、試運転用のガソリンタンクを繋ぎエンジン始動!一度はエンジンに火が入り、キャブ調整まで出来たのですが、汚れが落ち切って居なかった様で、アイドリングしなくなってしまったり、何度もバラしクリーニングを繰り返し、暗くなるころにようやくアイドリングも落ち着き、調子も良くなりました!

最後に、カーキチ親子にエアークリーナーなどを組てけてもらい、23日の作業は終了です(^^;)

24日は、朝一でエンジンを始動させ、アイドリングなど状態を確認し、問題なさそうなのでマフラー交換から作業を開始です!

最終的には車高をかなり下げたいと言う事なので、クワイエットマフラーからオリジナルタイプのマフラーに変更します。

ボディーの解体は何台かやった覚えがあるのですが、マフラー交換は初めての様でかなり手間取っていました。

マフラーの組付け完了後は、カーキチ父が、エンジンチンやヒーターホースなどの組付けを担当!

佑さんは、灯火類の点検修理を始め、ハザードランプに悪戦苦闘( ̄▽ ̄;)

3時のお茶の時間に、鈑金屋と配線図やばらしたハザードスイッチと睨めっこしながら原因探求をし、休憩後作業を再開し、無事ハザードランプが正常に点滅する様になり、これで灯火類もすべて正常に点灯点滅するようになりました\(^o^)/

3時のお茶以降のカーキチ父は、廃品からフロアーパネルの一部を切り出し、’72 T-1に合わせて、切り取り削り合わせをしました。

そして、フロアーパネル補修作業は途中ですが時間切れとなり、自走で作業場から車両を移動し、24日の作業は終了です。

2日間、思い通りに作業が進まず、カーキチ父はイライラしていた様ですが、23日には燃料系が、24日には灯火類のトラブルが解決し、自走移動出来る様に成ったので、ちょっとは落ち着いてくれたかな?

旧車起こしは、思い通りに行かないのが普通ですから、気長に作業に取り組んでくださいね!その分走れる様に成った時に喜びが増しますからね!

臨時休業のお知らせ!

明日22日の土曜日は、本庄サーキットで開催される、本庄軽one5時間耐久レースに参加のため、Hideoutはお休みとさせて頂きます。

23、24日は通常営業致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致しますm(__)m

西会津 にぎわいまつりに向けて!

21日の中途半端な時間を無駄にしたくないので、ちょっと早いですが、9月30日に開催される西会津にぎわいまつりの参加準備をしました!

今年のイベント参加時に恒例となっている展示即売会ですが、今回は’74 T-1 茨ナンバーを出店します!今回は会場にトラックで乗り付けそうにないので、自走参加をします。と言う事で、車検整備をします。

Fr足回りは、ナロービームから純正無加工ビームに乗せ換えてもらった時に、ボールジョイント、タイロッドエンド、チェックをし、要所のみブーツ交換をしてあります!

Frブレーキは、残念ながら左右ホイールシリンダ交換と成りました😢

ほかに、ブレーキホースは前後共に交換です!

Rrブレーキから!こちらは、状態も良くホイールシリンダーのカップキットのみで行けそうです!

合わせて左アクスルブーツも交換しました。

ここまでで、21日の作業は終了です。

 

 

’65 T-2 21W 作業再開!

20日は、’65 T-2 21Wの作業を再開しました!

粗出しは大体に成っているのですが、ヒンジ周辺のサビ腐食が酷過ぎて建付けが安定しないので、周辺パーツの用意が必要に成ってしまい中断していましたが、部品取りも含めパーツが揃い始めたので、作業再開します!

先日切り取って来た部品取りですが、やはり水切り部はサビが酷く、アウターパネルは使い物になりません😢

先ずは、アウターパネルを切り取り構成パーツの確認をします!

中身は、サビては居るものの国内で入手出来ない部分は使えそうです。

続いて、車両側の状態確認をして行きます。

パテが盛られている部分を剥離してパネルの状態を確認します。水切り部右Rrコーナー周辺は苦労した様子が見受けられます。

中央から左側にかけてもだいぶ苦労した様です(^^;)

次に、部品取り側のバックドアヒンジ構成パーツを外します。この辺の構成パーツは車両側の方がコンディションが良いのでそちらを使います。

そしてインナーパネルですが、決して良いコンディションでは無いのですが、形状がしっかり残っているので、採寸と構成パーツの確認が出来るので良しとしましょう!

そして21日の朝一で、マイボウズさんに向かいAUTOCRAFT製のルーフ部の補修パネルを頂いて来ました!

パーツは発送してもらえば良いのですが、今回のルーフパネルの一部が、全長2400mmも有り、送料だけで1万円超えと言う事なので、天気も悪いし引き取りに行って来ました!

作業場に戻り頂いてきたパネルをボディーに当てて確認しました!

こちらはルーフRrコーナーリペアパネルです!

そしてこちらは、ルーフサイドリペアパネルです。本来はRrサイド用の1250mmが有るのですが、今回は、スカイライトウィンドー横の部分まで補修しないとダメそうなので、長い方を用意し必要に応じて切り出して使う事にします。

そのほか、インナーガーターリペアパネルの、ストレートの物とコーナー用の物を用意しました。

他は国内調達はまだ出来そうに無いので、部品取りからの再利用もしくはボンデ鋼板からの制作をして補修する予定です。

そして早速作業取り掛かり!と行きたいのですが、AUTOCRAFT製のパネルはサビ止めの油がベッタリ塗ってあるので、そのまま作業すると要らない所まで油でベトベトに成ってしまうし、湿度が90%越えの中、脱脂をしてサビ止めペイントをするのも、わざわざする作業でもないので、21の作業はここまでとします(^-^;

ホームページ 新コーナーの準備!

最近ブロブ以外、中々更新出来ずにいますが、新たにSTOCKフォーセールコーナーを設けることにしました!

開業以来、たくさんの方々から声をかけて頂き、いつか時間が取れたら仕上げようと部品取りやベース車両を引き取って来ましたが、なかなか商品車として作業に掛かる事が出来ないので、新たなオーナー様に巡り合えることを期待し、ベース車両として紹介しする事にしました!

写真や詳細がまとまり次第、STOCKフォーセールコーナーに紹介をして行きますので宜しくお願い致します。

サンバートラック 改!

19日は、サンバートラックの作業をしました。

前回の続きで、右サイドパネルを研ぎあげます!

先ずは、ポリパテを荒砥して、もう一度ポリパテを塗り付け硬化乾燥後研ぎ上げます。

次に、裏面の足付け処理をしサフェを吹き付けます。

サフェの硬化乾燥を確認して、表返しをしサフェを吹き付けました。

サフェの硬化乾燥後、ボディーにサイドパネルを組付け、オーナー様に連絡を取り『ここで一旦一区切り!』と言う事に成ったので、積載トラックに積み込み、オーナー様のガレージに搬入しました!

納車を済ませ作業場に戻り、軽く掃き掃除をして、19日の作業は終了です。

積載トラックで嬬恋村へ!

18日は、メカニック育成ヒロシと一緒に、積載トラックで嬬恋村まで行って来ました!

今回の要件は、先日Hideoutの近所で売りに出ていた国産部品取り車を鈑金屋が引き取り保管していたのですが、今回別の要件もあったので、ついでに届けに行って来ました!

到着して車両をトラックから降ろして、本題の作業に取り掛かってもらいました!

今回のメイン!今週末に本庄サーキットで開催される、5時間耐久レースに参加させて頂くために、ヘルメットに無線用のヘッドセットを取り付けしてもらいました!

ハーネスの処理も本気使用にしてもらい、カッコイイヘルメットにしてもらいました\(^o^)/

そして、せっかく積載トラックで出掛けて空荷で帰るのも何なので、寄り道してドンガラメキビーを引き取って来ました!

会社に戻り、仕事上がりまでにはちょっと時間があったので、メカニック育成ヒロシに前後シートとドアパネルを外してもらいました。

ここまでで、18日の作業は終了です!

’74 ブラジル シングルピック!

17日の鈑金屋は、カーキチ父の様子を見ながら’74 ブラジル シングルピックの作業をしました。

前回の続きで、熔接口の切り取り削り合わせしたAピラーとリーンホースの熔接をして行きます。

スポット・シーラー多度熔接下準備をした後、位置決め固定し熔接機の準備をします。

スポット溶接機と半自動熔接機を使い分け、リーンホースから熔接をし、Aピラーまで熔接して行きます!

リーンホースとAピラーとの熔接を済ませ、Aピラーの繋ぎ合わせ部の仮熔接をした所で、雲行きが怪しくなってきたので、慌てて車両をプレハブ内に移動した直後に、ゲリラ豪雨があり残り時間も微妙だったので、そのまま17日の作業は終了と成りました。

 

カーキチ佑さんの’72 T-1!

17日は、カーキチ父が来社し’72 T-1の作業をしました!

今回は、フューエルラインの整備をしました!

古いベタ付いたガソリンがフューエルパイプ内に残っているので、パーツクリーナーを吹き込みエアーガンで吹き飛ばすを何度か繰り返し、フューエルパイプ内をクリーニングして、フューエルホース、フィルターを交換しました。

ミッション横から、フューエルポンプ、キャブまでのフューエルライン内をクリーニングし、ホースを新品に交換してから、ガソリンタンクの代わりに試運転用のタンクを繋ぎ、セルを回してエンジンを始動させてみました!

しかし、フューエルポンプ以降にガソリンが上がらずエンジンに火が入るまでには行かなかったので、ちょっと無理やりですが、キャブにパーツクリーナーを吹き込みセルを回してみました!

パーツクリーナーを吹き込んだ分はエンジンに火が入るのですが、アイドリングは持続しません(-_-;)何度やってもキャブまではガソリンが上がってこないので、フューエルポンプのO/Hが必要の様ですね(^-^;

そのほか、セルモーターもキーONに対して反応が悪いので、要交換かな(◎_◎;)

時間の都合で作業はここまでにして、先日ばんきにゃが用意したホワイトリボンタイヤを装着し、リフトスペースから表に移動して、17日の作業は終了です。