’75 T-1 レースカー エンジン試運転準備!

3日の鈑金屋は、雨が降ったりやんだりの天気なので、鈑金スペースは’56 カルマン オーナー様に譲って、’75 T-1 レースカーの作業をしました。

先週からエンジンの試運転に向かい少しづつ補器類の組付けなどをしていたのですが、フライホイール を組付け、ダイヤルゲージで計測してエンドプレイのシム調整をしようとしていたのですが、鈑金屋の手持ちのシムでは調整しきれず作業がストップしていたのですが、先週末入庫したシムで再チャレンジをしました!

エンドプレイ調整で基本は3枚のシムで調整すべきなのですが、通常流通している最厚シム0.38mmを三枚使っても、規定値に収まらないのでカラーキングさんに相談して、ちょうど良さそうなシムを送ってもらいました!

送って頂いた3枚のシムはOL.38表示なのですが、実測0.42から0.43の物なので、鈑金や在庫のシムと組み合わせて、何度か組み直して調整しました。

結果0.08で良しとしクラッチ プレッシャープレートまで組付けをしました!

そして、先日’56 カルマンのスタンドエンジンを試運転するのに使用したスタンドですが、今後のことも考えキャスターを熔接し取り付けました!

ベタ置きしていた時はあまり感じなかったのですが、キャスターを付けたら案外頼りなかったので、補強を入れました!

改造したスタンドにさっそくエンジンを載せてみました!

ここまでで作業は終了し、’56 カルマン オーナー様と阿部自動車さんに向かい、そのまま作業終了と成りました!

 

’56 カルマン 小物編!

3日は、朝一で’56 カルマン オーナー様が来社し作業しました。

前日の続きで、ガソリンタンクのパテ研ぎから作業をはじめます。

ガソリンタンクを研ぎあげた後は、バンパーステー等を研ぎあげ、サフェを吹き付ける準備をします。

そして、午前中にサフェを吹き付けました!

午後からは、サフェ吹した小物を持参ついでに、一色目のペイントが上がったボディーを見にオーナー様と一緒に阿部自動車さんにお邪魔して来ました!

ここまでで、3日の作業は終了です。

’56 カルマン 小物編!

2日の午後からは、’56 カルマン オーナー様が来社し作業をしました。

今回は、ガソリンタンクの凹みが気になる部分のパテ処理をしてもらいました。

アルミパテの粗研ぎをした後、ポリパテを塗り付けたところで終了です。

鈑金屋は、カーキチ父に付きっ切りでなかなか対応できず、写真もこれだけでゴメンナサイ(^^;)

カーキチ佑さんの’72 T-1!

2日は、カーキチ父のみで’72 T-1の作業をしました。

先ずは、前日外したままにしてあるドレンプレートの組付けから作業を開始します!

ドレンプレート組付けの後は、左右アクスルブーツの組付けをしましたが、写真はうっかり取り忘れてしまいました(^^;)

続いて、前日保留にしていたRrブレーキですが、折角なのでホイールシリンダーのホーニングとカップキットの交換をする事にしました!作業は、カーキチ父にお任せしたのですが、さすがにブレーキ周りなので放って置く訳には行かず、鈑金屋は後ろに付いて終始作業を見守る事に…(笑)

そして、ブレーキ調整もして、左右Rrブレーキの整備は終了です!

ここまでで、2日の作業は終了です。

カーキチ佑さん Street VWs ジャンボリーに向けて Newプロジェクト始動!

9月1日は、カーキチ佑さんが、Street VWs ジャンボリーに向けて Newプロジェクトを始動しました!

昨年のピカピカの’63 T-1でアワードを頂けなかったので、今回は、ボロボロ’72 T-1との2台体制でリベンジするとの事で、’72 T-1の路上復帰を目指します!

この車両は、鈑金屋が財政難の時にカーキチ親子に救済として購入して頂いていた車両で、今回日の目を見る事に成りました\(^o^)/

今回の車両は、ボディーはサビサビのままで足回りをしっかり整備し、インパクトのある車両に仕上げる予定です。

カーキチ父も’65 T-3 SQBでジャンボリーに参加予定だったのですが、予想通り鈑金作業に欲をかき過ぎ『ジャンボリーまでには間に合わない(-_-;)』と諦めて、カーキチ佑さんと一緒にボロボロ’72 T-1路上復帰作業に参加する事に成りました!

と言う事で、先ずはカーキチ親子の二人で、Fr足回りをビーム事外してもらいます。

続いて、ナロービーム(ロワードスピンドル、ディスクブレーキ付き)を車両に組付けますΣ( ̄□ ̄|||)

そうです、先日’75 T-1 茨ナンバーから外したFr足回りです(◎_◎;)

メカニック育成ヒロシが作業中の’70 T-1 6V Lookに取り付ける予定だったのですが、カーキチ父に札束でほっぺたを叩かれて、奪い取られました( ̄▽ ̄;)

続いて、Rrブレーキドラムを外したら、状態が非常に良くホイールシリンダーの固着も無く、オイル漏れもありません!勉強がてら不都合が出たらその都度手を入れるの有れば、そのままでも良いのですが、次回車検まで何もしたくないのであれば、分解整備するべきなのですが、するかしないか悩むところです(-_-;)その判断はカーキチ親子にお任せしましょう!

そして、エンジン、ミッションオイルを抜いてから左右アクスルブーツを外しました。

ここまでで、1日の作業は終了です。

サンバートラック 改!

8月31と9月1日に2日間の天気がハッキリしない中、雑用をしながらサンバートラックの作業をしました!

各パーツに準備が出来たので、組付け熔接をして行きます。

先ずは、ロックレバー部を切り位置決めします。

本熔接した後、熔接痕を削り均してハンマーリングを加え面を整えます。

続いて、シールチャンネルをスポット熔接した、下部フレームをスポット熔接し、折り返し部分をハンマーリングし折り込みました。

ここまでで、作業は終了です。

ヨシキ ’78 T-1 レースカー!

30日の作業は、ヨシキの’78 T-1 レースカーの作業をしました。

昨日オーダーしたパーツが入庫したので、一気に仕上げます!

昨日交換したブレーキリザーバータンクのリンクホース部のオイル漏れの確認をし、漏れも無い様なのでガソリンタンクの組付けに掛かります。

フィラーネック スリーブとリターンホースを交換しガソリンタンクを組付けました。給油口の縁ギリギリ一杯までガソリンを給油してみましたが、ジョイント部から一切ガソリン漏れは無い様です\(^o^)/

最後にエンジンオイルの交換をしました。通常使用しているSPEED MASTERのSUPER SPORTS 15W-50よりもグレードアップしSPEED MASTER のRECORD 15W-50を使用する事にしました!

最後にエンジンオイル漏れの点検をし、異状無いので夕方納車と成りました。

 

サンバートラック 改!

29日の午後からは、サンバートラックの作業をしました。

今回も右サイドパネル製作の続きをしました。

先ずは、パネル前方の折り込みを見本のパネルから採寸して折り込みました。

続いて、ボロボロのサイドパネルから摘出したパーツのサビや旧塗膜をサンドブラストできれいに落としました。

サンドブラスト処理に思った以上に手間取り、暗くなる間際にサフェ吹きが終了しました。

ここまでで、29日の作業は終了です。

ヨシキ ’78 T-1 レースカー!

29日の午前中は、ヨシキの’78 T-1 レースカーの作業をしました。

前回フューエルラインの引き直しなどをしていて、マスターシリンダー周辺がウェットだったのですが『ガソリンをこぼしたからかな?』と思っていたのですが、作業前に何気にマスターシリンダーを見るとリンクホースからブレーキオイルが漏れていました(^^;)

作業写真を撮り忘れましたが、リザーバータンクのオイルを抜き取ってからリンクホースを交換しました。

フラーネック関係のパーツ待ちもあるので、念の為リザーバータンクにオイルを入れ、一晩置いて様子を見る事にします(-_-;)

ヨシキ ’78 T-1 レースカー!

28日は、ハッキリしない天気で鈑金作業しにくいので、積載トラックのメンテナンスにメカニック育成ヒロシの会社行った後、ヨシキの’78 T-1 レースカーの作業をしました。

前回の続きで、フューエルラインを繋ぎました。

ガソリンタンクを取り付ける前に試運転用のガソリンタンクを繋ぎ、電磁ポンプを作動させてフューエルラインに圧をかけて各部ガソリン漏れのチェックをしました!

ガソリン漏れもなく問題が無さそうなので、ガソリンタンクを組付けようとしたのですが、フィラーネックホースやリターンホースの状態が非常に悪く、交換が必要となり部品待ちと成ってしまいました(-_-;)