サンバートラック 改!

3月1日の作業もサンバートラックの作業です!

前日の続きで、左サイドアオリの鈑金をしました。

先ずは、熔接部とサビの侵食による巣穴にハンダを盛りました。

続いてハンダを削り均した後、アルミパテを塗り付け、硬化乾燥後、アルミパテを粗研ぎします。

写真は飛びますが、3度目のアルミパテでようやく面が整い、ポリパテの作業に移りポリパテの硬化乾燥後、研ぎ上げました。

まだまだポリパテの手直しが必要ですが、時間切れとなり裏面から仮サフェを吹き付けました。

裏面の仮サフェの硬化乾燥を確認し、表面に仮サフェを吹付け、1日の作業はここまで終了です。

 

サンバートラック 改!

28日の作業もサンバートラックです!

今回から左サイドのアオリの鈑金をして行きます。

先ずは、以前製作した下部フレームを仮組みし確認して、アウターパネルの下部がサビ腐食で酷いので切り取り、ボンデ鋼板から切り出し成型し半自動熔接機で仮止めします。

軽くハンマーリングを加え、面を整えてから半自動熔接機で熔接します。

続いて、裏表両面の熔接跡を削り均し、下部フレームを位置決めして要所をスポット熔接で止め、ハンマーリングで耳を折り返しラインを整えます。

残りの部分を熔接し削り均して、ボディーに仮組みして建付け確認をした所で、28日の作業は終了です。

サンバートラック 改!

27日の作業は、サンバートラックの作業です!

今回は、Rrサイド アオリ鈑金の続きです。

前回は、アウターパネルの熔接の途中なので、スポット熔接機で要所を熔接し、仮組み確認をしてハンマーリングした後、アルミパテ用の足付けをします。

Rrサイドのアオリにアルミパテを塗り付け、硬化乾燥待ちの間にエンジンフードの巣穴をハンダ処理します。

アオリの方は粗研ぎした後、もう一度アルミパテを塗り付け、エンジンフードはそのまま脱脂をして仮サフェを吹き付ける準備をします。

そして仮サフェを吹き付けて、27日の作業は終了です。

’74 ブラジル KOMBI シングルピック!

26日の鈑金屋は、’74 ブラジルKOMBIの作業をしました。

大分間が開きましたが、週1ペースで作業を進めて行きます!

先週引き取って来た部品と見比べて、左Rrコーナー周辺を切り落として行きます!

先ずは、左Rrコーナーアウターパネルから切り落とします。

続いて、Rrピラー、エンジンベイシートメタル、バッテリーパンを取り外します。

一度人の手か加わっているので、熔接部を削り落とすのに手こずり時間が掛かってしまいましたが、左Rrコーナー周辺の交換予定のパネルを全て取り外す事が出来ました。

そして、パネルを取り外した部分に、新しいパネルを仮組をして確認します。

ここまでで、26日の作業は終了です。

 

’68 T-1 STD プラグホール修理!

26日のGL1500 トライク改 車検の後、メカニック育成ヒロシには約1か月ぶりに’68 T-1 STD エンジン修理をしてもらいました!

左バンクは前回の作業で終了しているので、今回は右バンクのシリンダーヘッドを組み付けてもらいました。

プラグホールを補修したシリンダーヘッドをエアーブローし、プッシュロッドチューブの準備をします。

そして、プッシュロッドチューブとシリンダーヘッドを組み付けた後、スチーム洗浄機でオイル汚れをキレイに落とします。

スチーム洗浄機でキレイにした後は、エアーブローをして水気を飛ばします。

ここまでで、26日のメカニック育成ヒロシの作業は終了です。

GL1500 トライク 車検!

26日の朝一で、メカニック育成ヒロシに陸運支局に行ってもらいました!

今回は、鈑金屋父のGL1500 トライク改のユーザー車検をお願いしました!

 

作業場増設!

25日の作業は、作業場増設の続きをしました!

今回は、カーキチ父にお手伝いしてもらいました。

カーキチ父に『防腐剤を塗布した方が良いよ』とアドバイスを頂いたので、前日鈑金屋が作業した部分を一旦バラして防腐剤を塗り組付け直しました。

西側のやり直しの後は、南側も防腐剤を塗った角材を組付けて、25日の作業は終了です。

作業場増設!

24日の鈑金屋は、作業場増設作業をしました!

今回は、明かり取り窓枠の施工と、外板下地の作業をしました!

午前中で、明かり取りの窓枠施工は完了!

午後からは、下地作りをしました!素人作業なので完成までには、まだまだ掛かりそうです( ̄。 ̄;)

久々に’56 カルマンギアの作業です!

24日の午後からは、’56 カルマンギア オーナー様来社し、作業をしてもらいました!

先日の大阪出張時に、お願いしていたカラーサンプルも一緒に頂いて来たので、下塗りの準備をしてもらいました。

今回の色はL375 Antilope BrownとL377 Dark Brownです!

先ずは、前後フードとヒンジを外してもらいます。

続いて、エンジンルーム内から足付け処理を始め、Frトランクルーム内、前後インナーフェンダー、ダッシュパネルを省く室内などの足付け処理をしてもらいました!慣れない作業なので、休み休み作業をしてもらいました!

そして、足付け作業の後、しっかりエアーブローをしてもらい、24日の作業は終了です。

サンバートラック 改!

24日の朝一で、パシフィックブラストジャパン茨城 櫻井社長さんが来社しました!

先日入れ替えでお願いした、右側アオリとエンジンフードのブラスト施工が終ったので、早々に届けて頂きました!

エンジンフードは裏表キレイに旧塗膜とサビ落としをして頂きましたヾ(^v^)k

アオリの方もキレイになったのですが、予想通りサビの浸食が深い所は巣穴が空いてしまいました( ̄。 ̄;)

これで3枚のアオリのブラスト処理が終ったので、サビない内に鈑金作業を進めないとね(^_^;)