忘れ掛けていたGSX750E!

16日の’75 T-1 レースカー の後は超久々にGSX750Eの作業をしました。

GSX750E用のロングスイングアームを製作するために、GSX-R1100用とX-4用のスイングアームを使い加工する事にしました。

先ずは、GSX-R1100用とX-4用のスイングアームをカットしました。

そして、GSX-R1100用のピポッド部とX-4用のアーム部を削り合わせて、熔接の下準備をしました。

熔接は外注でお願いする予定なので、ここまでで16日の作業は終了です。

久々の角目シャリー!

6日と7日の2日間は、メカニック育成ヒロシが来社してくれたのですが、天気が曖昧なので、久しぶりに角目シャリーの作業をしてもらいました。

前回で、配線配管の接続が終わりエンジンに火が入ったので、ステップ周りの加工をしてもらいました。

元々のエンジンと今回搭載したエンジンとではクラッチカバーの形状が違い、ステップの取り付けが出来ないので、逃げ加工をしてもらいました。

そして、2日掛に成ってしまいましたが、なんとかステップとブレーキペダルの熔接加工が終了しました。

角目シャリー!

26日の’73 ビッグテール SQBの作業の後のメカニック育成ヒロシには、角目シャリーの作業をしてもらいました。

前回で、エンジンに火が入ったので、灯火類などの組み付け点灯確認をしてもらいました。

そして、ウインカーステーとナンバーステーを取り付け加工をし、レッグシールドまで組み付けが完了しました。

角目シャリー!

19日もメカニック育成ヒロシが来てくれたのですが、生憎の雨で’73 ビッグテール SQBの板金作業をして貰う訳には行かないので、8ヶ月ぶりの角目シャリーの作業をしてもらいました。

角目シャリーをリフトスペースに移動して、シャッターを下ろして作業をしてもらいました。

パッと見、形に成っている様に見えますが、配線作業からしてもらいました。

そして、夕方までに配線処理が完了し、マフラー、ハイスロ、燃料タンク組み付けエンジンに火が入りました\( ˆoˆ )/

27日はこんな方も!

27日は、メカニック育成ヒロシだけでは無く、沢山の方が来社し各自作業をしました!

先ず一人目は、以前鈑金屋が作ったチビッ子ゼッツーを買って頂いた方が来社し、自爆してグチャグチャに成ってしまったチビッ子ゼッツーを組み直しをしました^^;

そしてもう一人、電気設備屋さんが来社し、プレハブ内に200Vと100Vお電気配線をしてもらいました。

 

角目シャリー!

24日のメカニック育成ヒロシには、最後の30分で角目シャリーの作業をしてもらいました。

今回は、エンジンの仮組をしてもらいました。

エンジンを組み付けた後、キャブも取り付けてもらいました。

ここまでで、24日の作業は終了です。

角目シャリー!

22日の’73 T-3 NBの作業の後は、時間が中途半端なので角目シャリーの作業をしました。

写真を撮り忘れ、作業終了時の写真に成ってしまいました😅

今回は、Fr周りの仮組加工をしました。

ハンドル周りは、トップブリッジの都合とハンドルの選択肢が増える様にモンキー用の物を取り付けました。

ここまでで、22日の作業は終了です。

角目シャリー!

21日の暗くなってからは、角目シャリーの作業をしました。

写真を撮り忘れ、作業終了時の写真になります(^_^;)

スイングアームをスチールメッキの物からアルミ製の物に交換し、メインハーネスを通した後、テールカウルトランプの組み付けをしました。

そして、シートを取り付けたのですが、シートが丸ライト時代の物でテールカウルに干渉してしまうので、テールカウルの干渉部を切り取り削り合わせました。

ここまでで、21日の作業は終了です。

角目シャリー!

12日の来客対応などでまとまった時間が出来なかったので鈑金を諦め、先日ペイントをした角目シャリーの仕上がりがイマイチなので、塗り直しをしました。

先ずは、しっかり研ぎ直しをしました。

そしてようやく思った様なツヤになったので、効果乾燥を待ちます。

暗くなってから前後の足回りの仮組をしてみました。

こっちの写真はストロボありです

こっちはストロボなしの写真です。

角目シャリー!

10日のT-2解体作業の後に、メカニック研修生にシャリー フレームのペイント下準備をしてもらいました。

先ずは、スコッチで足付け処理をしてもらいました。ここまでで、メカニック研修生は、時間切れとなり帰宅してもらいました。

足付け処理の後からは鈑金屋が作業を受け継ぎ、しっかりエアーブローをして、ペイント準備をしました。

そして阿部自動車さんに調色してもらった塗料を使い、裏面から吹き付け、表面の仕上げ塗りをしました。