カーキチ父の’65 T-3 SQB!

27日のカーキチ父は、佑さんの作業補助をしてくれました!

スピーカー取り付け作業の後の残りの時間で、バッグドアの剥離準備をしました!ガラスなどは以前に外してあるので、今回はエンブレムを外しました。えんぶれむのピンが殆ど折れていて両面テープで貼り付けてあるので、エンブレムをおらない様に浸透に剥がし取りました!

カーキチ父の’65 T-3 SQB!

2日は、カーキチ父も’65 T-3 SQBの作業をしました。

今回は、右ロッカーパネルのアウターパネルの切り取りをします。

左側ロッカーパネルの切り取りでコツを掴んだ様で、手際良く作業を進め、POR-15の塗り込みまで終了しました!

この後、メカニック育成ヒロシの作業を手伝って頂きました!

カーキチ父の ’65 T-3 SQB!

22日の作業は、カーキチ父の’65 T-3 SQB作業から!

先ずは、シャーシを引き出し作業準備をします。

今回は、大ざっぱに切り取った左ロッカーパネルの熔接跡をベルトサンダー削り取って行きます。

用意したロッカーパネルと見比べ熔接位置よりちょっと残しで切り取り直し、スポット熔接部を削り均しました。

次に、エアーブローをしっかりしした後、ロッカーインナーパネル(ヒーターパイプ)にPOR-15を塗り込み、22日の作業は終了です。

カーキチ父の’65 T-3 SQB!

15日の作業は、カーキチ父の’65 T-3 SQBの作業です!

作業性を考えて、車輌の向きを180度換えました!

これで、シャーシの引き出しも簡単になり、作業効率も上がりますヾ(^v^)k

この後鈑金屋のお付き合いで、作業終了となりました。

カーキチ父の’65 T-3 SQB

8日は午前中からカーキチ父が来社し、’65 T-3 SQBの作業をしました!

先週のからの続きですが、フロアーパネルが邪魔でロッカーパネルの作業がスムーズに出来そうに無いので、ボディーを軽く浮かす事になりました(^_^;)

Fr周りからシャーシとの連結ボルトなどを緩めて各配管配線を外し、エンジン周りまで配管配線を外して行きます。

そして夕方、ちょっと浮かすだけでは留まらず何時もの様にパンアップしてくれました(O_o)

ヤッパリ、カーキチ父は皆さんの期待道理でした( ̄。 ̄;)

 

カーキチ父の’65 T-3 SQB!

31日は、土曜日ですが午前中からカーキチ父が来社し、’65 T-3 SQBの作業をしました!

今回は、Frフードの研ぎをします!

鈑金屋が阿部自動車を2往復している間に、粗方の研ぎをしませてくれたので、鈑金屋がちょこっと手直しして、仮サフェを吹き付ける準備をします。

Frフードをスタンドに載せしっかりエアーブローした後、仮サフェを吹き付けてもらいます。

残りの時間は、左ロッカーパネルの作業をしました!先ずは、応急処置でアルミ板をリベットで止めて有るので、リベットの頭を鏨で落しアルミ板を剥がします。

今回初めて入手した、T-3用ロッカーアウターパネルと車輌側を見比べて、切り接ぎ位置を確認し手サビ腐食部を切り取ります!

切り取り後、鈑金屋とカーキチ父で状態を確認しながら、今後の作業の打ち合わせをしました!T-3では良く有る事なのですが、ロッカーパネルとフロアーパネルの隙間にシール材を塗り込んで有るのを見掛けますが、これはかえってロッカーパネルをサビ腐食させる原因に成るので、出来ればやらない方が良いです(~_~;)

この’65 T-3 SQBも、漏れなくシール材が塗り込んで有り、インナーパネルの一部がサビ腐食で消失していました…(T-T)

二人でお話ししながら、前回の’63 T-1に続く長期戦になる予感が…( ̄。 ̄;)

ここまでで、31日の作業は終了です。

 

カーキチ父の’65 T-3 SQB

21日は、みぞれが降る中、午後から’65 T-3 SQBの作業をしました。

前回の続きで、フレッシュエアーグリル周辺の仕上げをしました。

グリル周辺の研ぎと合わせて、窓縁も研ぎを入れました。

窓縁の一部にポリパテを塗り付け、硬化乾燥後、研ぎ上げます。

研ぎ上げた後は、周辺のマスキングを手直ししてサフェを吹き付けました。

ここまでで、21日の作業は終了です。

 

18日の午前中は、カーキチ父も来社し’65 T-3 SQBの作業をしました。

時間の都合で、Frフードの研ぎ上げではなく、フレッシュエアーBOXの取り外しをしてもらいます。

大きいお腹が邪魔をして、ダッシュ下をのぞき込んでの作業が辛そうでしたが、何とかバラし完了!

そしてフレッシュエアーグリルの旧塗膜とサビを取り、要所にPOR-15を塗り込みます。指触乾燥待ちの間に、窓縁のパテ研ぎをし、仮サフェを吹き付けました。

ここまでで、18日の作業を終了にして、午後からはフォルクスワーゲン 土浦の1周年記念イベントに向かいました!

カーキチ父 ’65 T-3 SQB!

4日の作業は、2週間ぶりにカーキチ父の’65 T-3 SQBの作業をしました。

前回の続きでFrフードの鈑金をしました!

粗研ぎを済ませポリパテの作業に進むのかと思いきや、足付け作業をしアルミパテを塗り付けました。しかもこんなに細かく、しかもまだらに(O_o)

これではカーキチ父の手には負えそうに無いので鈑金屋に交代です(^_^;)

取り敢えずカーキチ父が塗り付けたアルミパテを粗研ぎした後、アルミパテを塗り付け直し、硬化乾燥後、研ぎ上げました。

続いてポリパテを塗り付け、時間の都合で仮サフェを吹き付ける準備をします。

そして、カーキチ父に仮サフェを吹き付けてもらい、4日の作業は終了です!

カーキチ父の’65 T-3 SQB!

18日の作業は、カーキチ父の’65 T-3 SQBの作業をしました。

先週の続きで、Frエプロン周辺の作業をします。

先ずは、アルミパテの粗研ぎをし、要所にアルミパテを塗り付け、エプロン下側は、ポリパテを塗り付けます。

パテの硬化乾燥待ちの間にFrフードの剥離サビ処理をしました!残念ながらフード先端のサビが酷く、大きな穴が空いてしまいました(~_~;)

ここからは鈑金屋に交代し、ハンダ盛りをしました!

ハンダ盛りの後は、ハンダをサンダーで削り均します。

鈑金屋がハンダ処理をしている間に、カーキチ父がFrエプロン周辺を研ぎ上げ、そのあとFrフードにアルミパテを塗り付けました。

最後にサフェを吹付けます。

ここまでで、18日の作業は終了です。