車両大移動!

28日は、メカニック育成ヒロシにお手伝いしてもらい、大幅に車両移動したり、お片付けをしてもらいました。

先ずは、増設途中の作業場の車両を入れ替えて行きます。

そして、増設途中で散らかっている建築材料を片付け、奥から先日お預かりしたT–2 11Wと’65 T-2 21Wを入れて、手前に’74 ブラジル シングルピックと’57 T-2 パネルVANを並べました。

次に、第三作業スペース奥の物置スペースに有るホイールを仮設テント内の棚に移動しました。

ホイールの移動序でに、中古タイヤ15本を廃棄処分し、ガラクタ置き場をスッキリさせました!

続いて、屋根下から追い出された’68 T-3 NB A/Tベース車両をメキビーを入れていた仮設テント内に移動しました。

最後に、事故修理でお預かりしているOvalをメインの作業スペースに移動して、大幅な車両移動は終了です。

残りの時間は、レースカーのフューエルライン手直しの下準備をしてもらい、28日の作業は終了です。

 

車輛大移動!

20日は、カーキチ父と、大工のカズヤ君に手伝ってもらい、車両置き場のベース車両や部品取り車を大幅に移動しました。

先ずは、コンテナ周辺のベース車両や部品取り車両の移動です!

アルトワークスとレースカーを移動し、ベース車両のカルマン2台を空いたスペースに移動し、1302、メキビー、ブラジルビートルを移動し、’77 AJを車両展示スペースへ移動しました。

そして前日開けてもらったリフトスペースに、’75 T-1 レースカーを搬入しました!

午後からは、大工のカズヤ君所有のユンボをお借りして、カーキチ父に空いたスペースのレベル出しをしてもらい、ついでに雨水排水用の溝を掘ってもらいました!

カーキチ父の’65 T-3 SBQの『Rrエプロンの研ぎが上手く行かない』と泣きが入ったので地均しをしてもらっている代わりに、鈑金屋が研ぎ直しをして、サフェ吹きまで作業をしました。

地均しが思ったより早く終わったカーキチ父には、’57 T-2 パネルVANの左サイドパネルの裏面の脱脂、足付けをしてもらいサフェ吹きまで、してもらいました!

ここまでで、20日の作業は終了です。

19日は来客多数でバタバタ!

19日の土曜日は、来客多数でバタバタの一日でした(;^_^A

そんな来客対応の合間に、メキビーを仮設テント内に移動しました。

そして第三作業スペースの確保をしました!

午後からは、’56 カルマン オーナー様が来社し、組付け作業をして、最後に今回用意した第三作業スペースに’56 カルマンを移動して、リフトスペースを空けてもらました!

ここまでで、19日の作業は終了です。

仮設テント 屋根補修!

12、13日の2日間は、仮設テントの補修をしました。

材料は年末に発注を掛けて年明け早々納品してもらっていたので、朝一から作業開始です!

12日は、一人での作業だったので下屋と南側までで終了です。

13日は、カーキチ父がお手伝いしてくれたので屋根張替は無事終了し、残った時間で下屋の曲がりを補正し通りを出し直してもらいました!

あとは、仮設テント内をもう少し片付ければ、6台分のスペースが確保出来そうです(笑)

5日、6日は車輛置き場 整理!

5日はカーキチ父と’56 カルマン オーナー様が車両置き場の片付けのお手伝いをしてくれました!

先ずは、カーキチ父が先日増設を始めた仮設テントの下屋用の基礎の施工をしてくれました!

羽子板付きの基礎石のレベルを出しクランプを付けて柱となる単管パイプを固定します。この後、基礎石周辺にコンクリートを流し込み終了です!

一方、’56 カルマン オーナー様には炎上カルマンconvの解体準備として、使えそうな部品を外してもらいました。

基礎工事の終わったカーキチ父にも炎上カルマンconvの解体作業に加わってもらいました。

そして、Fr周りを丸ごと摘出してもらった後の後ろ側も摘出してもらいました。

鈑金屋は、クラッシュした腰を労わりながら、増設作業用の木材などがあちこちに散乱しているので、ラックを作り片付けをしてました。

そしてフロアーパネルやフレームも刻んでもらおうとしたのですが、時間切れで5日の作業は終了です。

6日は、カーキチ父と’56 カルマン オーナー様共に、年末年始のお休み最終日と言う事で家族サービスの為お休みなので、鈑金屋が炎上カルマンconvのフレーム解体をしました。

写真は炎上カルマンconvフレームの裏面です(◎_◎;)どうしてこうなったのかも想像し難いくらいにアングルと3mmくらいの鉄板を熔接してあり、先日購入した新兵器のセーバソーでも刻み難いほどでしたが、サンダーなどを併用し少しずつ刻みました(;^_^A

そして3時ごろまでに、何とか炎上カルマンconvの解体が終了しました(~_~;)

車輛置き場の片付け!

2019年仕事始めは、1月3日からのんびりスタートです!

鈑金屋は、昨年末の解体車両の整理の中、ボディーの乗せ換えなどで腰をクラッシュしてしまい、思う様に体を動かせずモミの木の電飾などの片付けからでした(;^_^A

電飾の飾り付けの時は簡単でしたが、片付けは電球を破損しない様にしないといけないので結構手間取ります(-_-;)

そんな中、カーキチ父と’56 カルマンオーナー様にお手伝いして頂き、車輛置き場の片付けをしてもらいました!書なし’75 T-1 のシャーシの解体処分を決め、前後足回りなど外せる物は外して仕分けしてもらい、部品取りの転がし用とベース車両など仕分けして組み替えてもらいました。

次に、書付き’61 カルマンのボディーを台車に乗せ換えシャーシを摘出しました!

続いて、書無し’65カルマンconvのパンアップをしてもらいました。

そして、書付き’61カルマン シャーシに’65カルマンconvボディーを載せます。これで、’61カルマンconvの二個一仮組が終了しました!

仮ニコイチが終わったカルマンconvは、次の出番までしばらく仮設テント内で待機してもらう事にします!

カーキチ父には、書無し’75 T-1シャーシを処分し易い様に、刻んでもらいました!

そして、3時の休憩を挿んで、次なるプロジェクトに向けてコンテナとパーツ置き場の間のスペースを片付けてもらいました。

ここまでで、3日の作業は終了です。

仮設テントの屋根補修!

16日の午後からは、’56 カルマン オーナー様が来社し、仮設テントの屋根補修の続きをしてくれました。

前回メカニック育成ヒロシと一緒に1棟分の補修はしたのですが、その後中々時間が作れずにいたのですが、’56 カルマン オーナー様が作業の申し出をしてくれたので、甘えて作業してもらう事にしました(;^_^A

材料は、コンテナ内の棚作りの時に一緒に買い揃えていたので、早々に南側の屋根から作業に取り掛かってもらいました。

作業は順調に進み、北側の面に移ります。

そして日が暮れるころには、垂木12尺分の下地の延長が完了しました!

仮設テント内の棚作り!

9日は、来客対応の合間に仮設テント内の棚作りをしました。

全日’56カルマン オーナー様に手伝ってもらい、足場パイプで棚の一部を組んでもらったので、続きをしました。

先日コンテナ内の棚作りで残った2×4材の切れ端の寸法が、丁度良い長さで刻み直しをする事無く使用で出来たので、午前中は棚板用のコンパネなど不足材料の買い出しをしました。

午後一からは来客対応をし、そのあと棚作りの続きをしました。

そして、夕方までに何とか棚が完成しました\(^o^)/

これで、たたみ6畳分のスペースが確保出来ました!

 

 

仮設テント内の整理!

8日の午後からは、’56カルマン オーナー様が来社し、仮設テント内の整理をしてもらいました。

今回は、バイク部品が入っている方の仮設テント内を片付けてもらいました。

一部、鈑金屋父が片付けてくれたので、重量物などの片づけを中心にしてもらい一部エンジンなどを残し、コンテナへ移動してもらいました。

きれいに片付けてもらった後は、足場パイプで棚作り開始です!

一部パイプを組んだ所で、時間切れとなり終了です!

コンテナ内の棚作り!

12月1日の作業は、コンテナ内の棚作りです!

その前に、最近車両置き場の整理を始めてから思った以上に連絡が入り、引き取り先が決まった車両も何台か出たので、その引き取り先の決まった車両を移動しました!

そして、’69カルマンと1303convを引き取りに来て頂いたらすぐに積み込み出来る位置に移動しました!

そして、本題のコンテナ内の棚作りの続きをしました。

材料は朝一で買い出しに行って来たので、寸法を測り切り出し、組付けをして行きます。

そして、日が落ちる前に何とかコンテナ名の棚が完成しました\(^o^)/

あとは、仮設テント内に残る部品の運び込みですが、後ほど仲間にお手伝いして頂こうかな(^-^;