雑用片付けと車両入替!

13日の午後からは、大物発送準備と車両入替をしました!

先ずは、業者さんから探し物の連絡を頂き、商談成立に成った’71 T-1の左右Frシートの発送準備をしました!

最近の大物商品の発送が面倒になってしまい、簡易梱包で発送し難くなってしまったので、シートをバラシてコンパクトにまとめます。

そして、座面は座面同士で、背面は背面同士の梱包にして、ヤマト運輸さんで運んでもらえるサイズに成りました(;^_^A

続いて、鈑金スペースを片付けて、’57 T-2 パネルVANを移動しました!

この後、パシフィックブラストジャパン茨城さんにお邪魔して、製作中の大型トラック荷台の見学に行き、鉄骨の組方や熔接の仕方、縁取りのちょっとした工夫などのお勉強をさせて頂きました。

ここまでで、13日の作業は終了です。

メカニック育成ヒロシ フル回転!

5日は、メカニック育成ヒロシの本業が月一の連休と言う事で、朝から作業に来てくれました!

と言う事で、前日予定していた社用車ミニキャブのミッション交換をしてもらいました。

流石に国産車は手慣れたもので、写真を撮る暇もないく15分程でミッションを降ろしてしまいました(@_@;)

そして、用意して置いた走行距離37,000㎞の中古ミッションに必要は補器類などを移植した後、『軽のミッションは軽いから!』とヒロシ一人でミッションを肩に担いで組付けてしまいました(◎_◎;)

そして、ミッション、デフオイルを交換し、午前中で試運転まで終了しました!

午後からは、下準備を大分前にしておいた’70 T-1 6V lookのボディーをリフトで上げ、転がし用のシャーシからフロアーパネルを外した元のシャーシに載せ替えてもらいました。

続いて、こちらもパンアップの下準備をしておいたブラジルビートルのボディーをリフトで上げて、先ほどパンアップした転がし用のシャーシに載せ替えました。

そして、ブラジルビートルのシャーシから前後足回りを外してもらい、外せる小物を外し、処分するものと分けてもらいました。

次に、先日頂いて来たT-3 SQB部品取り車のRr足回りを返却する為バラしたままで、簡易リフトに上がりっぱなしに成っているので、ブラジルビートルのシャーシから外したRrのミッション足回りを移植してもらいました。

最後に、車両の移動をしてもらいました。

おかげさまで簡易リフトスペースも空き、、作業スペースが確保できたので助かりましたm(__)m

ここまでで、5日のメカニック育成ヒロシの作業は終了です。

 

メカニック育成ヒロシ フル回転!

12日は、メカニック育成ヒロシがフル回転で作業してくれました!

先ずは、先日入手した社用車を今月中に車検登録する事に成ったので、簡単な車検整備をしてもらいました。

左Frブレーキが引き摺りを起こしていたので、分解整備をしてもらいました!

そして、ミニキャブのキャリパーリペアKitの入荷待ちの間に、ブラジルビートルの解体作業に取り掛かってもらいました。

毎度お馴染みに成って来ましたが、室内のシートを外した後はカーペット類を剥がしキレイに掃除してもらいます。

その後、パンアップ出来る様に、各連結ボルトなどを外してもらい、3時過ぎには、パンアップ出来るまでにバラしが終わりました(◎_◎;)

そして、今回初めての発見が有りました!ステアリングギアボックスのカップリングの部分なのですが、写真の様にラバーカップリングは使用されていない物でした(◎_◎;)

更新をさぼっていましたが・・・(;^_^A

3日間ブログの更新をさぼっていましたが、何にもしなかったわけでは有りません(;^_^A

先週末は雪が舞う天気で、大した降雪量でもなかったんですが、鈑金するには適さないので、雑用などをしてからシャッターを閉めたままでレースカーの作業をしました!

そんな中、お客様から中古部品の問い合わせが有り、高年式のハーネスとコネクターを引っ張り出してきて、発送準備などをしました!こんな部品も需要があるなんて…やっぱり捨てるところは有りませんね(^-^;

そして11日には、なかなか商品車に出来ずに居た2000年式のメキビーを、After Youさんに修理依頼の為、搬入しました!片道110kmですが、大分近く感じる様になりました(笑)

そんな感じで鈑金作業はしていませんが、休まず営業していました(^-^;

 

車輛大移動!

20日は、カーキチ父と、大工のカズヤ君に手伝ってもらい、車両置き場のベース車両や部品取り車を大幅に移動しました。

先ずは、コンテナ周辺のベース車両や部品取り車両の移動です!

アルトワークスとレースカーを移動し、ベース車両のカルマン2台を空いたスペースに移動し、1302、メキビー、ブラジルビートルを移動し、’77 AJを車両展示スペースへ移動しました。

そして前日開けてもらったリフトスペースに、’75 T-1 レースカーを搬入しました!

午後からは、大工のカズヤ君所有のユンボをお借りして、カーキチ父に空いたスペースのレベル出しをしてもらい、ついでに雨水排水用の溝を掘ってもらいました!

カーキチ父の’65 T-3 SBQの『Rrエプロンの研ぎが上手く行かない』と泣きが入ったので地均しをしてもらっている代わりに、鈑金屋が研ぎ直しをして、サフェ吹きまで作業をしました。

地均しが思ったより早く終わったカーキチ父には、’57 T-2 パネルVANの左サイドパネルの裏面の脱脂、足付けをしてもらいサフェ吹きまで、してもらいました!

ここまでで、20日の作業は終了です。

5日、6日は車輛置き場 整理!

5日はカーキチ父と’56 カルマン オーナー様が車両置き場の片付けのお手伝いをしてくれました!

先ずは、カーキチ父が先日増設を始めた仮設テントの下屋用の基礎の施工をしてくれました!

羽子板付きの基礎石のレベルを出しクランプを付けて柱となる単管パイプを固定します。この後、基礎石周辺にコンクリートを流し込み終了です!

一方、’56 カルマン オーナー様には炎上カルマンconvの解体準備として、使えそうな部品を外してもらいました。

基礎工事の終わったカーキチ父にも炎上カルマンconvの解体作業に加わってもらいました。

そして、Fr周りを丸ごと摘出してもらった後の後ろ側も摘出してもらいました。

鈑金屋は、クラッシュした腰を労わりながら、増設作業用の木材などがあちこちに散乱しているので、ラックを作り片付けをしてました。

そしてフロアーパネルやフレームも刻んでもらおうとしたのですが、時間切れで5日の作業は終了です。

6日は、カーキチ父と’56 カルマン オーナー様共に、年末年始のお休み最終日と言う事で家族サービスの為お休みなので、鈑金屋が炎上カルマンconvのフレーム解体をしました。

写真は炎上カルマンconvフレームの裏面です(◎_◎;)どうしてこうなったのかも想像し難いくらいにアングルと3mmくらいの鉄板を熔接してあり、先日購入した新兵器のセーバソーでも刻み難いほどでしたが、サンダーなどを併用し少しずつ刻みました(;^_^A

そして3時ごろまでに、何とか炎上カルマンconvの解体が終了しました(~_~;)

車輛置き場の片付け!

2019年仕事始めは、1月3日からのんびりスタートです!

鈑金屋は、昨年末の解体車両の整理の中、ボディーの乗せ換えなどで腰をクラッシュしてしまい、思う様に体を動かせずモミの木の電飾などの片付けからでした(;^_^A

電飾の飾り付けの時は簡単でしたが、片付けは電球を破損しない様にしないといけないので結構手間取ります(-_-;)

そんな中、カーキチ父と’56 カルマンオーナー様にお手伝いして頂き、車輛置き場の片付けをしてもらいました!書なし’75 T-1 のシャーシの解体処分を決め、前後足回りなど外せる物は外して仕分けしてもらい、部品取りの転がし用とベース車両など仕分けして組み替えてもらいました。

次に、書付き’61 カルマンのボディーを台車に乗せ換えシャーシを摘出しました!

続いて、書無し’65カルマンconvのパンアップをしてもらいました。

そして、書付き’61カルマン シャーシに’65カルマンconvボディーを載せます。これで、’61カルマンconvの二個一仮組が終了しました!

仮ニコイチが終わったカルマンconvは、次の出番までしばらく仮設テント内で待機してもらう事にします!

カーキチ父には、書無し’75 T-1シャーシを処分し易い様に、刻んでもらいました!

そして、3時の休憩を挿んで、次なるプロジェクトに向けてコンテナとパーツ置き場の間のスペースを片付けてもらいました。

ここまでで、3日の作業は終了です。

2018年最後は、車輛置き場の整理!

30、31日は、みんなの助けを借りて車両置き場の片付けをしました!

その前に、カーキチ父がボロボロ’72 T-1の簡単なメンテナンスをしました!

サビサビのクランクプーリーなので前回プーリー溝をサンドペーパーで均したのですが、まだ当たりが有れている様でベルトの摩耗が早い様です(^-^;

と言う事でベルト調整をし、その後にヒーターの風量が少なく室内が温まらないというので、EXチェンジャーのワイヤー調整をしました!

その後は、先日For Saleのもした’54 Ovalですが、今一反応が無いので完全部品取りにする為に解体作業をしてもらいました!

シャーシとボディーの接続ボルトを外してもらい、たまたま遊びに来た隼エンジニアリング黒田社長と、以前阿部自動車さんで働いていたマシーン田中君、息子の車のスタドレスタイヤ交換に来ていたメカニック育成ヒロシにも手伝ってもらい、’54 Ovalをパンアップし別のシャーシの乗せ換えました!

そして、’54 Ovalのシャーシを解体してもらい、’61 カルマンにミッションを移植してもらい転がせる様にしてもらいました!

一方鈑金屋は、’54 Oval解体の様子を見ながら、大分前に二個一プロジェクトを始めた’70 T-1 6V Lookの二個一下準備をしました!

先ずはメキビー部品取りボディーからの必要部分の摘出から!

Rrクォーター部から後ろの部分の切り継ぎ位置を暫定でですが決め、不要部分を切り取ります!

本来はヒーターチャンネルのみの移植で済みそうなのですが、それでは熔接焼けの後処理が出来ずサビやすいので、新たな試みとして今まで見た事の無い部分で切り継ぎし、熔接後の確実なサビ止め処理が出来て長持ちさせる様な作業をする事にしました!

続いて、Fr側の切り継ぎ位置を決め、不要部分を切り取りました!

こちらもそこで⁉と言う場所での切り継ぎを試みます!

結果、メキビーボディーの下から200mmから350㎜位の部分をそっくり使用し、その上に’70 T-1 6V Lookのボディーを載せるような作業に成ります!続きは1月ののメカニック育成ヒロシの作業になると思いますのでお楽しみに!

ここまでで、30日の作業は終了です!

31日は、鈑金屋が毎年恒例の年越しそばならぬ年越しうどん打ちと羊羹流しをしている間に、カーキチ父が’54 Oval解体作業の続きをしてくれました!

残ったシャーシの外せる限りのパーツは外してもらい、残りは刻んで処分と成りました!

その後は、車輛置き場の次期解体予定の車両などの並べ替えなどをしてもらいました。

そして、夕方鈑金屋が4kgのうどん打ちを終え作業場に戻ると、カーキチ父が散らかり放題の事務所の掃除まで済ませてくれていました。

鈑金作業の殆どが年を越しての作業に成ってしまいますが、作業場や事務所もキレイに片づけて頂き、2018年の一年間、頼りない鈑金屋を支えてくれた皆様に感謝をしながら新年を迎える事が出来ましたm(__)m

車輛置き場の移動!

20日は、部品取り車の引き取り立ち合いからです!

 

今回の部品取り車の引き取りは、’69 カルマンでした!

予定では、1303convのボディーも一緒に引き取り予定だったのですが、先方の都合で、1303convのボディーの引き上げは来週になってしまいました(^-^;

車輛の引き取り予定ついでに、仮設テントの補修作業の都合もあるので、大幅に部品取り車両を移動しました。

年内に、あと2台の引き取り予定があるので、少しは車輛置き場もスッキリしてくるかな(;^_^A

コンテナ内の棚作り!

12月1日の作業は、コンテナ内の棚作りです!

その前に、最近車両置き場の整理を始めてから思った以上に連絡が入り、引き取り先が決まった車両も何台か出たので、その引き取り先の決まった車両を移動しました!

そして、’69カルマンと1303convを引き取りに来て頂いたらすぐに積み込み出来る位置に移動しました!

そして、本題のコンテナ内の棚作りの続きをしました。

材料は朝一で買い出しに行って来たので、寸法を測り切り出し、組付けをして行きます。

そして、日が落ちる前に何とかコンテナ名の棚が完成しました\(^o^)/

あとは、仮設テント内に残る部品の運び込みですが、後ほど仲間にお手伝いして頂こうかな(^-^;