’57 T-2 パネルVAN!

前日に続き、左サイドパネルのサビ止め処理をしました!

今回は、表面のサビ止め処理をしました。

先ずは、シンナーで和えあい流すように脱脂をしてから足付け処理をします。

足付け処理の後、もう一度脱脂を丁寧にしてからサフェを吹き付けました。

並行して、只今組付け中の’56 カルマンのエンジンフードにトラブルが出てしまったので、鈑金補修しました(;^_^A

車輛大移動!

20日は、カーキチ父と、大工のカズヤ君に手伝ってもらい、車両置き場のベース車両や部品取り車を大幅に移動しました。

先ずは、コンテナ周辺のベース車両や部品取り車両の移動です!

アルトワークスとレースカーを移動し、ベース車両のカルマン2台を空いたスペースに移動し、1302、メキビー、ブラジルビートルを移動し、’77 AJを車両展示スペースへ移動しました。

そして前日開けてもらったリフトスペースに、’75 T-1 レースカーを搬入しました!

午後からは、大工のカズヤ君所有のユンボをお借りして、カーキチ父に空いたスペースのレベル出しをしてもらい、ついでに雨水排水用の溝を掘ってもらいました!

カーキチ父の’65 T-3 SBQの『Rrエプロンの研ぎが上手く行かない』と泣きが入ったので地均しをしてもらっている代わりに、鈑金屋が研ぎ直しをして、サフェ吹きまで作業をしました。

地均しが思ったより早く終わったカーキチ父には、’57 T-2 パネルVANの左サイドパネルの裏面の脱脂、足付けをしてもらいサフェ吹きまで、してもらいました!

ここまでで、20日の作業は終了です。

’57T-2 パネルVAN!

11日も’57T-2パネルVANの作業です!

前日の続きで、左サイドパネルの作業なのですが、オーナー様と相談した結果、左サイドパネルの交換に成りました!

先ずは、以前の補修作業で切り継ぎ作業をしてある部分を外します!点付けだったので表板よりもスムーズに外せました(;^_^A

次に、左サイドの作業が大幅に変更に成ったので、室内に残っていたシートや内装、外したパーツなどをヴァナゴンに移しました。

そして、作業時間を過ぎてしまいましたが、骨を痛める事無く左サイドパネルを外す事が出来ました(~_~;)

ここまでで、11日の作業は終了です。

’57 T-2 パネルVAN!

10日も’57 T-2 パネルバンの作業をしました。

今回は、交換しないパネルの部分のサブ処理をしました。

先ずは、昨日の剥離残したルーバーの部分と、パネルの各繋ぎ目に詰まった塗膜などをキレイに取り除きます。

今日も一日中ロロックディスクとポリッシャーでサビ処理に時間を費やしてしまいました(~_~;)

そして、マスキングをして、サビ処理をした部分に仮サフェを吹き付けました。

ここまでで、10日の作業は終了です。

 

 

’57 T-2 パネルVAN 作業再開!

9日は、’57 T-2 パネルVANの作業をしました。

昨年の作業で、大体の状態が見えて来たので散らかり過ぎたパーツの仮組から再開です!

左Frドアだけバラしていなかったので、サッシなどを外しましたが、なんか嫌な物が見えちゃいました(;^_^A

そして、各パーツの仮組をしてから左側面の剥離を開始!

しかし、結構な塗膜とパテに悪戦苦闘し、午前中はここまで(^-^;

結局、一日中ポリッシャーを手にして左側面の剥離が終了しました。

剥離が終わったら終わったで、マスキングテープを境に上側の状態は良いのですが、下側は手強そうです(~_~;)

先日買って来た、左側面のフルパネルが活躍しそうです(;^_^A

ここまでで、9日の作業は終了です。

 

大物パーツの引き取り!

28日の夕方から、東京のマイボウズさんに大物パーツの引き取りに行ってきました!

こちらは、ただいま作業中の’57 T-2 パネルVANのパーツです!一番大きい左サイドパネルは、なんと2,400mmも有ります(◎_◎;) 軽トラには乗らないので、積載トラックで引き取りに行ってきました(;^_^A

このほか、年明けに入庫予定のパーツが届くのが楽しみです!

その他に、’65カルマンconv用のドアガラスを頂いてきました。

少しづつですが、部品を揃えて組み上げてゆく予定です(^-^;

そして、レースカーエンジン1号機が完成していないのに、時期プロジェクト用のこんな物まで手に入れて来ました(@_@;)

果たして、結果が出せるのでしょうか(;^_^A

 

’57 T-2 パネルVAN!

27日は、’57 T-2 パネルVANの作業をしました!。

前回の続きで、左サイドの剥離から作業します。

ここからパテをサンドペーパーで落とすのは、まだまだ手強そうなので、もう少し鏨で落とすことにします(^-^;

かなりの時間を要しましたが、予定の左FrフェンダーからBピラー周辺の剥離が終了しました(~_~;)

そして出て来たパネルは、大分苦労した様子が伺えます(;^_^A

続いて、右Bピラーの剥離をし、こちらは、カーゴドアヒンジ下側周辺は傷んでいるものの、中間から上はそれほど傷んでいない様です。

この後、オーナー様に剥離した部分の状況報告をし、作業指示を頂きました!

そして、国内外にパーツの手配をして、27日の作業は終了です。

’57 T-2 パネルVAN!

26日の作業は、’57 T-2 パネルVANの作業をしました。

先日オーナー様に来社頂き、作業打ち合わせをさせて頂いたのですが、左Bピラー周辺までの状態を確認してから決めたいとの事なので、左側の状態確認をします。

その前に、ボディーカバーが邪魔に成って来たので、左Frドアを外してから養生シートで覆い直しました。

そしてBピラー周辺を剥離開始!早々に分厚いパテの登場です(;^_^A

削り落とすのも大変そうなので、鏨を入れて落としました。

途中、来客対応や雑用が入り、剥離作業はここまでと成ってしまいました(~_~;)

’57 T-2 パネルVAN!

22日の作業は、’57 T-2 パネルVANの作業をしました。

前日の続きで、右Frサイドの状態確認をして行きます。

右ドアの建付けがおかしいので一旦ドアを外します。ドアを外してAピラーの状態を確認すると、クラッシュの形跡が見えます(~_~;)

ドア側は、上側ヒンジののリベットが緩みグラグラで、クラックが入っていたので、熔接補修しました。

ヒンジ周辺の熔接の後にボディーに仮組してみると、フェンダー上部と重なっていたのに随分隙間が空いてしまいました。フェンダー上部にもパテが入っているので建付け調整前に、フェンダーのパテを落としてみました。

パテを鏨で落とせる限り落としてからポリッシャーで剥離しました!するとBピラーとフェンダーの熔接が剥離した隙間が出現!その隙間にはパテがねじ込んでありました(◎_◎;)

ここでオーナー様と連絡を取り、今後の作業内容の確認のため、明日来社頂く事に成りました!

そして、オーナー様より支給して頂いた、Frロアパネルの確認をした後、ボディー側のFrパネル下側のサビ腐食部を切り取りました!

ここまでで、22日の作業は終了です。

’57 T-2 パネルVAN!

20日の車両引き取り立ち合い&車両移動の後は、’57 T-2 パネルVANの作業をしました。

前日の続きで、Frパネルの剥離作業をしました。

来客対応などで作業時間があまり取れませんでしたが、取り合えずFrパネルの剥離が終了しました。

想像通り、ヘッドライトより上はエクボ傷程度で非常にコンディションが良いかったのですが、ロアスキンパネルとリーンホースが残念な状態になっています(-_-;)

次回は、左右ドアとAピラーの状態確認をする予定とし、20日の作業は終了です。