カーキチ父の’65 T-3 SQB!

18日の作業は、カーキチ父の’65 T-3 SQBの作業をしました。

先週の続きで、Frエプロン周辺の作業をします。

先ずは、アルミパテの粗研ぎをし、要所にアルミパテを塗り付け、エプロン下側は、ポリパテを塗り付けます。

パテの硬化乾燥待ちの間にFrフードの剥離サビ処理をしました!残念ながらフード先端のサビが酷く、大きな穴が空いてしまいました(~_~;)

ここからは鈑金屋に交代し、ハンダ盛りをしました!

ハンダ盛りの後は、ハンダをサンダーで削り均します。

鈑金屋がハンダ処理をしている間に、カーキチ父がFrエプロン周辺を研ぎ上げ、そのあとFrフードにアルミパテを塗り付けました。

最後にサフェを吹付けます。

ここまでで、18日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA