’57 T-2 パネルVAN!

6日の鈑金屋は、’57 T-2 パネルVANの作業をしました。

前回の続きで、Bピラーの補修をしました。

前回溶接したワイヤーに熊手の様なツールを引っ掛けてポートパワーで引っ張ります。

そして引き付けた状態で、ドリルで穴を開けた部分を半自動熔接機で溶接をして、ワイヤーを外しました。

続いて、以前溶接したドッグレッグとホイールハウジングの熔接跡を削り均しました。

熔接跡を削り均した後は、アルミパテの処理をしました。

そして、ポリパテを塗り付けた所で、7日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA