角目シャリー!

10日のT-2解体作業の後に、メカニック研修生にシャリー フレームのペイント下準備をしてもらいました。

先ずは、スコッチで足付け処理をしてもらいました。ここまでで、メカニック研修生は、時間切れとなり帰宅してもらいました。

足付け処理の後からは鈑金屋が作業を受け継ぎ、しっかりエアーブローをして、ペイント準備をしました。

そして阿部自動車さんに調色してもらった塗料を使い、裏面から吹き付け、表面の仕上げ塗りをしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA