’63 T-1 鈑金開始!

1日の午後からは’63 T-1の鈑金を再開しました。

先ずは、右Frフェンダーから鈑金を始めます。

ヘッドライトバケットにサビ穴が空いていて、交換の支持を頂いたのでスポット熔接部をベルトサンダーで削り落とし外した後、フェンダー側の熔接白のサビをロロックディスクで落としました。

左フェンダーのヘッドライトバケットも熔接補修跡があるので、こちらもヘッドライトバケットを外しました。

次に左右フェンダーを仮付けしました。

熔接補修をされた部分のヘッドライトバケットのフェンダー側の熔接白がなくなっているので、熔接白のサビ処理をして熔接補修の準備をしました。

そして、ボンデ鋼板を切り出し熔接し、合わせて編だーの亀裂の入った部分も熔接補修をしました。

続いて、熔接跡を削り均しました。

熔接跡を削り均した後は、左右フェンダーにハンマーリングを加え凸凹を均しました。

ここまでで、1日の作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA