’76 T-1 解体作業!

 

27日の作業は、メカニック育成ヒロシと、鈑金屋父の二人で、’76 T-1の解体作業から始めてもらいました!

残り少ないボディーパーツを、切り取ってもらいます。

そして、’76 T-1はシャーシだけに成り、切り取ったボディーパーツは午後一で解体屋さんに運び込んで処分してもらいました。

そして、上物が無くなったシャーシには、部品取りの03コンバーチブルのボディーを仮に載せました!

午後からは車輌移動をして、T-3 バリアントを商品車の列に並べ成した。

車輌移動序でに、次の解体車両’71 T-2 を引っ張り出して、鈑金屋父に解体作業を開始してもらいました!

’76 T-1 解体

26日の朝から、鈑金屋父が’76 T-1 の書いた作業の続きをしてくれました!

今日は、トコトン切り刻んでもらいました!

屋根から切り取ってもらい、前後エプロン、クォーターパネルなど手で運べる程度に刻んでもらいました!

そして、夕方までに、ダッシュ周辺を残し切り取りが完了しました。

カーキチ親子 ’63 T-1 再びエンジン調整!

26日は、カーキチ親子の’63 T-1 のエンジン再調整をしました!

エンジン調整の前に、マフラーを外してもらいます。

いくら何でも排気漏れ過ぎですよね(~_~;) 取り敢えず、鈑金屋在庫のグラスパックマフラーを仮付けして、次のマフラーを検討してもらう事にします。

そして本題のエンジン調整ですが元のデスビが009タイプポイントレスだったので、古いBOSCH製009デスビに交換してみたり、アイドルジェットを換えたりして色々試してみたのですが、結局1300ccAB型エンジンにはバキューム進角タイプが良い様です( ̄。 ̄;) 今回は大変勉強に成りました<(_ _)>

そして、作業中にはカーキチ家族には嬉しいお話しがありました!

ジャンボリーの会場でお話し頂いていた、フォルクスワーゲン ディーラーから連絡が有り、茨城県内のフォルクスワーゲン ディーラーの1周年記念イベント開催期間中、ショウルーム内にジャンボリーと同じ様な感じで’63 T-1 をディスプレーして欲しいと、正式にオファー頂きましたヾ(^v^)k

開催日は来年春の3月17、18日の2日間と大分先ですので、間近に成りましたらまたお知らせ致します!

’71 T-2 組み付け段取り!

25日の最後の作業は、’71 T-2の作業をしました。

先日オーダーしたパーツが入庫したので検品をし、発注漏れしたパーツ再手配し、25日の作業は終了です。

’76 T-1 解体!

25日の鈑金屋が’65 T‐3 バリアントの引き取りに出かけている間に、鈑金屋父と角テールカルマン オーナー様が’76 T-1の解体作業をしてくれました!

フェンダー、ドアのバラしも終わり、残るはガラスとハーネスの引き抜きのみに、それが終われば楽しいカット作業が待っています(笑)

最後にラバーや内装材などを分別し、まとめてもらい25日の作業は終了です。

’65 T-3バリアント 引き上げ!

25日の午前中、急遽’65 T‐3 バリアント引き取りに行って来ました!

約10年以上ガレージの中で保管されていた様で、埃だらけですが錆の進行はそれ程でもない様に見えます。

フェンダーや内装が殆どバラされていたので、取り敢えず車両の中に詰め込んで来ました(^^ゞ

帰って早々に、室内の部品を出して仕分けし直して欠品チェックをしました。

元々走らせていた車両なので、ラバー類などの消耗品以外はそろっている様です。

部品の整理をした後は、洗車して埃を洗い流しました!お決まりの部分はサビ腐食は有りますが、全体的には良い状態だと思います。

室内の掃除までは出来ませんでしたが、ヘッドライナー、シートともに張り替え済みでこのまま外装の補修をすれば仕上がりそうな車両ですヽ(^o^)丿

この’65 T‐3 バリアントに興味のある方は、ご連絡ください!

来客対応の合間にちょこっと( ̄。 ̄;)

24日の鈑金屋は、多数の来客対応で作業は出来ないと言っても角テールカルマン オーナー様がアルバイト!?として解体作業をしてくれているので、来客対応の合間に、角テールカルマンの作業をしました。

前日にサンブラ済みのヒンジにサフェ吹きを済ませてあるので、左右のドアに組付けました。

そしてボディーに仮組みし建付け調整をしました。

24日の作業はこれだけです( ̄。 ̄;)

’70 T-1 解体!

24日は角テールカルマン オーナー様が5連休の3日目なのですが、鈑金屋が多数の来客対応で鈑金作業を一緒に出来ないので、アルバイト!?に切り替えてもらい、車輌解体作業をしてもらいました(^_^;)

先ずは、’70 T-1の残りを刻んでもらいます!

そして上物は全て解体終了です!

続いて、’76 T-1の解体作業をしてもらいました!

こちらの車輌は、書付きなのですが、窓周りなどサビ腐食がが酷く、多数穴が空いてしまっているので、ボディーの修復は断念し、部品取りをして解体処分します。

そして日が暮れる頃までには、内装はほぼバラし終え、前後バンパーと右前後フェンダーを外すまで作業が進みました!

サンバートラック改!

23日の暗くなってからは、サンバートラックの作業をしました。

前回の続きで、アルミパテの研ぎをします。

粗方面が研ぎ上がったらボディーから外し、外周などを研いで整えます。

アルミパテを研ぎ上げた後は、ポリパテを塗り付け、23日の作業は終了です。

角テールカルマン Rrフェンダー鈑金!

23日の作業は、角テールカルマン オーナー様と一緒Rrフェンダー周辺の作業しました!

今週も角テールカルマン オーナー様は5連休を取った様です(^_^;)

オーナー様にアルミパテの粗研ぎをしてもらい、鈑金屋が追っかけで研ぎ上げポリパテを塗り付けます。

作業に集中し過ぎて写真を撮り忘れましたが、オーナー様に粗研ぎをしてもらい、鈑金屋が仕上げ研ぎをして、左右フェンダーが研ぎ上がりました!

合わせて、Rrウィンドーとフードの間のパネルも研ぎ上げました。

しっかりエアーブローをしてパテ粉を飛ばした後、仮サフェをタップリ吹き付けます。

合わせて、前日サンドブラストを掛て、旧塗膜とサビを落したドアヒンジもサフェ吹きしました。

ここまでで、23日の作業は終了です。