作業場増設!

5月31から6月2日の3日間は、作業場増設作業をしました!

当ページでも紹介している、T-3 FBを所有し、先日までスバル360を自分でボディーの全塗装をし路上復帰させたカズヤ君が、ようやく重い腰を上げ作業場増設のお手伝いをしてくれる事になりましたヾ(^v^)k

鈑金屋の鉄骨作業の後の大工仕事を担当してくれました!

鈑金屋父をテコに使ってもらい、西側壁の下地がドンドン出来上がってきます。

一方鈑金屋は、角パイプを使い南側の窓枠作りを作ります。

そして、6月1日の3時のお茶までに西側がコンパネ貼りまで終了為てしまい、続いて南側の半分までコンパネ用の下地が終了為てしまいました(O_o)

鈑金屋の作業も2日の夕方までに南側の窓枠加工も終了し、カズヤ君の作業を止めずに済みました(^_^;)

作業場増設3日目の6月2日は、カズヤ君が南側のコンパネ貼りからスタートです。

午後からは、’56 カルマン オーナー様が来社し、中古ボディーパーツ置き場の片付けをして頂きました。今まで中古ボディーパーツは地べたに重ね置きして有ったので、棚作りのスペース確保の為中古ボディーパーツを移動してもらいました。

空いたスペースの、先日マイボウズのマイケル君が作った棚と同じ様に、足場パイプと2×4材を使い、棚作りをしてもらいました。

そして、カズヤ君の方は、防水透湿シートの貼り付けまで終了し、棚作りは途中ですが、時間切れと成り、2日の作業は終了です。

チョロピック 納車準備!

30日は、チョロピックの作業をしました!


エンジン周りの作業は、思った以上にスムーズに作業が進みました!


そのまま納車準備としてボディーの洗車とわ言わず、濡れ雑巾で吹き上げを!
後は、納車指示待ちとなりましたヾ(^v^)k

チョロピック 路上復帰に向けて!

29日の鈑金屋は、マイボウズ マイケル君の作業補助をしながら、チョロピックの作業をしました。

路上復帰に向けての整備が続きますが、今回は、エンジンオイルを注入して、オイルのインジケーターランプが消えるまでセルを回しました。

合わせて、灯火類の確認をした所で、29日の作業は終了です。明日は、エンジンに火が入るかな(^_^;)

マイボウズ マイケル君 来社!

29日は、マイボウズのマイケル君が午前中から来社しました!

今回は、ハイドアウトに有るマイボウズ様用の仮設テント内の片付けに来ました!

先ずは、テント内の部品を一旦外に出します。仮設テント内を空っぽにした後、棚作りの構想と材料の算出をし、昼食序でに鈑金屋と一緒にホームセンターまで材料の買い出しをして来ました!

午後からは、購入してきた材料を使い棚作りをしました!

4時過ぎに予定していた棚が何とか完成!棚と一緒に仮設テントに筋交いを入れて頼りなかったテントもしっかりしました!

そして、持参したパーツと合わせて仮設テント内に搬入しました!

最後にマイボウズさんからお預かりしている、カルマンCONVを仮設テント内に入れて、日が沈む前に何とか片付けが終了しましたヾ(^v^)k

’77 T-1 AJ 納車準備!

28日の鈑金屋は、前日に続き’77 T-1 AJの納車準備をしました!

朝一で、スターターの始動にムラがあるので、配線などのチェックをしステアリングコラムまでバラしました(^_^;)

途中スターターリレーの取付も考えたのですが、結局イグニッションスイッチが原因と判明!イグニッションスイッチに癖が出ている様で、ベテランワーゲン乗りの方だったら、説明すればこのまま乗りこなせる物なのでしたが、今回の新オーナー様は、ワーゲンを乗るのが初めてなので、部品取りからイグニッションスイッチを摘出し、交換して解決しました。

スターターの問題も解決したので、ステアリン周辺を組付け、ウィンドーウォッシャー用のスイッチを取り付けました。

最後に、今回増設した機器の配線をトランクルーム内と室内とで結束バンドなどを使ってまとめました!

これで、車検登録の手直しが終了したので、明日メカニック育成ヒロシの会社に搬入します!

チョロピック 整備開始!

28日は、メカニック育成ヒロシに、ブレーキ周りの整備をしてもらいました!

ブレーキ周りは、鈑金屋がバラして部品を用意して有ります。

ヒロシにはクリーニングして組付けてもらいます。

鈑金屋が、’77 T-1 AJに悪戦苦闘している間に、ブレーキ周りの組み付けが終り、ステアリングダンパーの交換をしてFr足回りのグリスアップとミッションオイルの注入まで済ませてくれたので、二人でブレーキオイルの交換&エアー抜きをしました!

そして、前後タイヤホイールを組付けて着地しましたヾ(^v^)k

後は、エンジンオイルを注入し、エンジンのメンテナンスですね!

ここまでで、28日の作業は終了です。

’77 T-1 AJ 納車準備!

27日の鈑金屋はカーキチ親子の作業の様子を見ながら来客対応などして、’77 T-1 AJの作業をしました!

前日の続きで、シガライター電源とETC機器の取付をしました!電源接続をし作動確認は出来たのですが、ETCセンサーの固定と配線処理までは出来ませんでした(^_^;)

カーキチ父の’65 T-3 SQB!

27日のカーキチ父は、佑さんの作業補助をしてくれました!

スピーカー取り付け作業の後の残りの時間で、バッグドアの剥離準備をしました!ガラスなどは以前に外してあるので、今回はエンブレムを外しました。えんぶれむのピンが殆ど折れていて両面テープで貼り付けてあるので、エンブレムをおらない様に浸透に剥がし取りました!

久しぶりに佑さん来社!

27日は久しぶりにカーキチ親子の佑さんが来社しました!

今回は、車輌の作業では無く、鈑金屋のリフトスペースと鈑金スペースにスピーカーの設置をしてくれました。

工場内に配線を引き回し、リフトスペースと鈑金スペースにスピーカーを各一個ずつ設置してもらいました!ハガキサイズのスピーカーですが高性能でクリアーな音が工場内にしっかり響き渡る様に成りましたヾ(^v^)k

’77 T-1 AJ 車検対策!

26日は、’77 T-1 AJの車検対策をしました!

昨日、ワイドボディーカルマンの納車を済ませた後、’77 T-1 AJをメカニック育成ヒロシの会社に引き上げに行き、ご指摘頂いた、ウィンドーウォッシャーの修理とヘッドライトの光量不足の改善をします。

先ずは、ウィンドーウォッシャーの修理から!レバースイッチを外してみると、ウォッシャーバルブのプッシュロッドがレバーから外れてしまっていました(^_^;)『これを元に戻せば』と直して見るも、ダイヤフラム破裂でNG(~_~;)

続いて前日用意したウォッシャーバルブは、プッシュロッドの形状違いでNG( ̄。 ̄;) 最後の頼みで部品取り車から外した物が同じタイプだったので、ダイヤフラムのチェックをしてバラそうとしたら、バレる物では無いのでスイッチごと移植したら、スイッチが接点不良でNG(T-T)

途方に暮れていた所に、新オーナー様が登録用書類を持って来社(O_o)

新オーナー様にウィンドーウォッシャーの件を相談して、汎用の電動ポンプ付きのウォッシャータンクの取付を了承して頂き、ウィンドーウォッシャーの件は解決出来たのでパーツをオーダーして入荷待ちになりました( ̄。 ̄;)

続いて、ヘッドライトの光量不足の改善です。写真の撮り方が下手でイマイチ分かり難いですが、何となく暗い様な気がします。バッテリーも新品にしたので、アクセルを煽ってもヘッドライトの明るさに変化はありませんので配線劣化による電圧降下が考えられます(^_^;)

ヘッドライトの配線全てを引き直すのは手間だし、ヘッドライトの点灯自体はHI/LOW共に点くのでリレーを使い対応策を試みてみます。

その前にトラックルーム内を掃除しました!

写真は飛びますが、リレーをHIビーム用とLOWビーム用に2個用意して、リレー起動用の回路はオリジナルの配線を繋ぎました。そしてバッテリーからリレーに電源線を入れ、リレーからの出力線はヒューズボックスに繋ぎました。

今回は、バッテリーからヘッドライトスイッチ、ディーマースイッチ、ヒューズボックスまでの経路をバッテリーからヒューズボックスへ直接ジャンプする回路にしてみました。念の為ヒューズは新品に替えました。

本来は、ヘッドライトバルブコネクターまで新しいセンで繋げた方がより効果的だと思いますが、それではヘッドライト系の配線全て引き直しと同じになってしまうので、一先ずこれで様子を見たいと思います。

配線加工後の写真ですが、角度が違うので比較出来ませんが、当初よりは明るく成ったと思います。ヾ(^v^)k